堀江貴文、仮出所後初の書き下ろし企画!『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った』8月30日発売!

PR TIMES / 2013年8月23日 19時54分

株式会社角川書店



インターネットから隔絶された640日間、約1000冊の本を読んだ。
独房の中で本を選び、読み、何を考えたのか――。

本書では、ノンフィクション、小説、漫画など幅広いジャンルの中から著者が選定したおすすめ本を端緒に、自身の考えを展開。さらに、書評サイトHONZの代表・成毛眞氏(元マイクロソフト日本法人社長、『面白い本』岩波新書)を“プロデューサー”に迎え、本の上手な探し方・読み方についての対談を収録。そして、著者が厳選した「刑務所ブックリスト」も一挙公開!

「僕の頭の中は、こんなに自由だ」――
読書から始まった“ビジネスと人生”の大切な話


強制“情弱”状態 から脱するために著者が選んだ珠玉の本とは?

僕に科せられた刑期は2年半……。
“情弱”になるには、十分すぎる時間と環境だ。
他の囚人たちと同じように過ごしていては、
同じように情弱になって、シャバに出る頃には浦島太郎。
一般人以下確定である。
一刻も早く、この「強制情弱状態」を脱出しなければならない。
収監と同時に、僕の人生でもっとも過酷な
情報戦が始まった――。       (「プロローグ」より)


「君は本を読んで、何を考えるの?」――“堀江貴文の頭の中”を覗いてみよう

【構成】

第1部 僕が本を読みながらツラツラ考えたこと
 1.「こうなるといいのに」を実現する働き方【仕事・ビジネス】
  ◆日本人はもうちょっと“わがまま”になったほうがいい(『カレチ』池田邦彦)
  ◆なぜ日本では「怪物」が育たないのか?(『理系の子』ジュディ・ダットン)
   ……etc.
 2.情報を鵜呑みにする日本人へ【情報】
  ◆“情報人災”としての福島原発(『「反原発」の不都合な真実』藤沢数希)
  ◆「北朝鮮は危ない」は本当か? オウム事件から見える日本人論(『A3』森達也)
   ……etc.
 3.破天荒でいい――「人生に倍賭けする」生き方【生き様】
  ◆勝者に学ぶ“ヤマ師の美学”(『二重らせん』ジェームス・D・ワトソン)
  ◆超絶人生が教えてくれる、自分の立ち位置(『トラオ』青木理)
   ……etc.
 4.この2年で「日本人の生き方」が変わった?【ライフスタイル】
  ◆決定!「人生で一番泣いた本」(『とんび』重松清)
  ◆やっぱり、理系のオタクが、世界を変える!(『天地明察』冲方丁)
   ……etc
 5.日本はこの先、一体どうなるの?【過去・現在・未来】   
  ◆「時代を読む力」がありすぎると、悪役にされる(『青雲の梯』高任和夫)
   ……etc.

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング