1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

総合電子書籍ストア「ブックライブ」であと払い決済サービス「ペイディ」の利用が可能に 国内電子書店で「ペイディ」の導入は初

PR TIMES / 2021年11月11日 15時45分

~クレジットカード保有率の低いZ世代やミレニアル世代の利便性向上を目指す~

凸版印刷株式会社のグループ会社である、株式会社BookLive(本社:東京都港区・代表取締役社長:淡野 正)は、運営する総合電子書籍ストア「ブックライブ」にて、株式会社Paidy(所在地:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO 杉江 陸)が提供するあと払い決済サービス「ペイディ」を2021年11月10日(水)より導入しました。



[画像: https://prtimes.jp/i/22823/217/resize/d22823-217-bc88d899db15ad4f8f98-2.png ]


■あと払い決済サービスプラットフォーム「ペイディ」
ペイディは、メールアドレスと携帯電話番号だけで簡単に決済することができる、事前登録不要の「あと払い(Buy Now Pay Later)」サービスです。コンビニエンスストア・銀行などで翌月まとめて支払うことができ、インターネット上での買い物が初めてのユーザーも安心して利用できます。本人確認*1を実施すると、分割手数料無料*2で3回に分けてあと払いすることも可能です。
*1…ペイディアプリをダウンロード後、運転免許証またはマイナンバーカードを撮影し、顔写真とともに必要事項を記入して登録する「ペイディプラス」へのアップグレードが必要になります。
*2…口座振替・銀行振込のみ分割手数料無料。

■導入の背景:クレジットカード保有率の低いZ世代・ミレニアル世代やマンガまとめ買い需要にも対応。全13種類の決済手段に
ブックライブでは、「Z世代」「ミレニアル」と呼ばれる若者世代である10代と20代の会員がこの数年で増加しており、10代~20代が占める割合は会員全体の約35%になります。クレジットカードの保有率が低いこの世代に、クレジットカード以外の決済手段の選択肢を一つでも多く提供するために、「ペイディ」の導入に至りました。なお、国内電子書籍ストアへの「ペイディ」導入は今回が初となります。

これまで、クレジットカードを保有していない会員は、プリペイドカードを利用した前払いもしくは即時払いがメインで、実質的に「あと払い」になるキャリア決済では分割払いをすることができませんでした。また、クレジットカードを持っているとしても、「クレジットカード情報をウェブサイトに登録することに抵抗がある」「マンガのまとめ買いをしたので、複数回に分けて支払いたいが、リボ払いは利息が不安」「うっかり買いすぎてしまうのを防止したい」と懸念するユーザーに対しても、安心してブックライブを楽しめるようにしたいと考えました。
このたび導入した「ペイディ」は、メールアドレスと携帯電話番号だけで決済でき、分割手数料無料で最大3回に分けて支払いが可能、使い過ぎを防止する予算設定機能を持ち、より一層ユーザーにマンガや書籍を安心してお楽しみいただけると考えています。

ブックライブでは、これまでもクレジットカードの他、携帯電話会社決済や書店店頭決済(一部店舗)、プリペイドカードによるポイント決済、電子マネー決済など、さまざまな決済方法をご用意しておりましたが、今回新たに「ペイディ」を導入したことで、オンライン決済方法を全13種類から選ぶことができるようになりました。

■現在「ブックライブ」でご利用可能なオンライン決済手段
クレジットカード、PayPay、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い、auかんたん決済、docomo sp モード決済、モバイルSuica、楽天Edy、WebMoney、BitCash、Google Pay、LINE Pay、楽天ペイ(オンライン決済)、ペイディ

総合電子書籍ストア「ブックライブ」は、“いつも心に「マンガ部屋」を。”をコンセプトに、人生を豊かにする本との出会いと、心ゆくまで楽しむことができるサービスを今後も提供してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
【総合電子書籍ストア「ブックライブ」について】
ブックライブは、凸版印刷グループの総合電子書籍ストアです。2011年よりサービスを開始し、マンガ、書籍、ラノベ、雑誌など、国内最大級の品揃えを誇ります。読者の利便性を最優先に、いつでも、どこでも簡単に楽しめるサービスを提供しています。

●総合電子書籍ストア「ブックライブ」  https://booklive.jp/
●公式Twitter  https://twitter.com/BookLive_PR

≪「使いやすい電子書籍ストア」No.1を獲得≫
2020年9月「電子書籍・電子コミックに関する調査」(実査委託先:ESP総研、調査対象:20~29歳)において、「使いやすい電子書籍ストア」部門で第1位を獲得しました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
【株式会社BookLiveについて】
BookLiveは、「新しい価値を創造することで、楽しいをかたちにする」を企業理念とし、電子書籍ビジネスを担う企業として設立されました。読者の利便性を最優先に、「いつでも、どこでも、だれにでも、簡単に本が読める環境」の実現を目指し、事業を展開しています。また、設立以来、業界を牽引する様々な企業と連携し、新たなビジネスモデルを創出するなど、電子書籍の新たな可能性の探求を続けています。
URL: https://www.booklive.co.jp/

本文中に記載されている会社名、サービス名及び製品名等は各社の登録商標または商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください