1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

茨城県古河市に12棟からなるコンセプト物件「小路の小町」全棟完成

PR TIMES / 2021年9月28日 19時45分

フェンスの代わりにコミュニティスペースを設計

ケイアイスター不動産株式会社は、コミュニティとプライバシーの両立を考慮した「小路の小町(こみちのこまち)」が全棟完成したことをお知らせいたします。
 特設サイトからは、全棟の間取りが閲覧できる(成約済みを除きます)ほか、周辺環境や成約状況も確認ができ、より具体的な住宅購入の提案が可能となります。



 ケイアイスター不動産株式会社(本社/埼玉県本庄市、代表取締役/塙 圭二、以下 「当社」と言う。)は、コミュニティとプライバシーの両立を考慮した「小路の小町(こみちのこまち)」が全棟完成したことをお知らせいたします。特設サイトからは、全棟の間取りが閲覧できる(成約済みを除きます)ほか、周辺環境や成約状況も確認ができ、より具体的な住宅購入の提案が可能となります。

「小路の小町」特設サイト: https://ki-group.jp/komichinokomachi/
[画像1: https://prtimes.jp/i/29869/217/resize/d29869-217-5d5e42ba3a5a71a6b0d7-3.jpg ]

■背景
 当社では、デザイン性の高いコンパクト分譲住宅の開発を主軸に事業展開しております。デザイン性を重視した主力商品「KEIAI FiT(ケイアイフィット)」、「KEIAI TERRACE(ケイアイテラス)」、「Ricca(リッカ)」、「和楽(わらく)」など用地に最適なプランで開発し「1棟からの街づくり」を実現しております。
 一方で、立地条件や周辺環境が良く、その地域で需要が高いエリアにおいては、10棟前後の規模となる多棟開発も手掛けております。多棟開発では、開発地の文化などを取り入れ分譲地全体にコンセプトを設けたユニークな分譲住宅を年間で5プロジェクト前後プランニングしています。
 この度、完成した「小路の小町」は、かつて城下町として栄えた茨城県古河市の歴史ある街に日本の伝統的長屋文化より着想を得た風情溢れる街並みとしました。
 ブロックとフェンスで区割りする一般的な分譲住宅の概念を覆し、隣家との境界を小路でつなぐ新しい発想からコンセプト物件の開発に至りました。

■商品の特徴
[画像2: https://prtimes.jp/i/29869/217/resize/d29869-217-8c05e3943d5e6e00b4e5-1.jpg ]

・石畳調の小路
ブロックとフェンスで区切るのではなく、南側と北側へ2方向の小路を設計し、隣家との境界を小路でつなぎました。そうすることで家と家との間にゆとりが生まれ、各棟への日当たりと風通しが良くなり、開放感を確保することができます。また各棟にポールライトと外部灯を設けることで夜間は分譲地全体を明るくし防犯性も高めました。


・コミュニティが生まれる小町
分譲地の中央に小町を設計し住人同士のつながりを育むコミュニティタウンとしました。小町にはベンチと分譲地全体のシンボルツリーとなるイロハモミジを植え、自然と住まう人が集まるようなつくりにしました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/29869/217/resize/d29869-217-d116482e1b59af138556-2.jpg ]


・地産資材の採用
小路全体に筑波石、山砂など茨城県にちなんだ地産の外構資材を採用しました。また、小路には「わたらせ小路」、「はなもも小路」といった古河市にゆかりがある名前を採用しました。

・全12棟すべて異なるプランニングと色彩
「小路の小町」では、4LDK~5LDKをご用意し、12棟すべて異なるプランニングと色彩としております。1部屋1部屋に十分な広さを確保した4LDKから1部屋を必要最低限の広さにして部屋数を増やした5LDKまでをご用意いたしました。テレワークや自宅学習が定着する中、住まい手が望む環境によって選べるよう、設計士が1棟1棟プランニングしております。各棟のプラン詳細は特設サイトからご覧いただけます。(成約済みを除きます)
[画像4: https://prtimes.jp/i/29869/217/resize/d29869-217-52da15d1cf5b456c1218-0.png ]



<物件概要>
・小路の小町 古河市下辺見6期
https://homehouse.ki-group.jp/ibaraki/detail/?n=21001582&_ga=2.130754188.222721506.1632184700-1286422099.1626761903

・小路の小町 古河市下辺見7期
https://homehouse.ki-group.jp/ibaraki/detail/?n=21001725&_ga=2.157945273.222721506.1632184700-1286422099.1626761903


■特設サイト
 「小路の小町」特設サイトでは、コンセプト、商品特徴、全棟の間取り、設備仕様、周辺環境をはじめとした基本的情報を公開しております。成約状況も当サイトから確認できるようになっておりポータルサイトに比べ分譲地全体をさらに把握しやすくなっています。また、営業スタッフによる物件内覧と現地の周辺環境をご案内する動画や、商品開発を担当した設計士のインタビュー動画を配信するなど、より深堀りした情報も公開しています。

<小路の小町ロードツアー>
[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=xqqz1t6SNTc ]




<設計士の想い>
[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=dTGiASBELYY ]



■ケイアイスター不動産とは
 「豊かで楽しく快適なくらしの創造」を経営理念に、「すべての人に持ち家を」をミッションとし、『高品質だけど低価格なデザイン住宅』の提供を行っています。仕入れから販売までの業務フローにITを導入した「ケイアイプラットフォーム」によって戸建住宅のサプライチェーンを最適化、分譲戸建業界における抜本的な効率性・生産性の向上により、コンパクトなセミオーダー型分譲住宅で日本トップシェアの実績を誇ります。1都13県(埼玉、群馬、栃木、茨城、千葉、神奈川、福岡、愛知、静岡、宮城、福島、佐賀、熊本)で事業を展開しています。新築戸建を中心に年間5,000棟(土地含む)以上を販売(※)。2021年3月期の売上高は1,557億円(※)。デザイン性を重視し「KEIAI FiT(ケイアイフィット)」、「KEIAI TERRACE(ケイアイテラス)」、「Ricca(リッカ)」、「和楽(わらく)」「IKI(イキ)」等、価格帯の異なる商品展開や地域特性を考慮し、お客様のニーズに対応しています。また、昨今は女性管理職を積極的に登用し、多様な働き方の実践が評価を頂き「新・ダイバーシティ経営企業100選」選定をはじめ様々な認定を頂きました。外国人実習生の積極的な採用など、ダイバーシティ推進に注力しています。(※グループ連結数値)

【会社概要】
社 名   ケイアイスター不動産株式会社(コード番号:3465 東証一部上場)
代 表   代表取締役 塙 圭二
所在地   〒367-0035 埼玉県本庄市西富田762-1
資本金   4,809百万円(2021.9.28現在)
設 立   1990年11月
従業員数  2,019名(連結 / 2021.4.1現在)
URL     https://ki-group.co.jp/
事業内容  戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業 ほか

【リリースPDF】
https://prtimes.jp/a/?f=d29869-20210928-14ffa34bf9726aa4dc5a5738d98a7032.pdf




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング