『年末恒例の賞に関するアンケート調査』年末恒例の賞&紅白歌合戦のトリをT会員が大予測!今年の漢字は「税」、ベストドレッサー賞は「錦織圭さん」

PR TIMES / 2014年11月26日 15時45分

アナ雪や妖怪ウォッチなどアニメブーム、錦織圭選手や羽生結弦選手の活躍、消費増税、etc.

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、Tカードを利用している18~69歳の男女1,409名のT会員を対象に、インターネット上での意識調査「Tアンケート」によって、『年末恒例の賞に関するアンケート調査』を実施しましたので、お知らせいたします。



■年末恒例の賞に関するアンケート調査ダイジェスト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「新語・流行語大賞」予測! 最も多かった回答は...
第一位は、アナと雪の女王から 『アナ雪』 ※ノミネート語発表前の調査

●「今年の漢字」予測! 最も多かった回答は...
17年ぶりの消費税の増税となりました 『税』

●「日本レコード大賞」予測! 最も多かった回答は...
朝ドラ「ごちそうさん」より 『「雨のち晴レルヤ/守ってあげたい」/ゆず』

●「ベストドレッサー賞」予測! 最も多かった回答は...
テニス業界に大旋風を巻き起こした、あのヒーロー 『錦織圭さん』

●「紅白歌合戦のトリ」予測! 最も多かった回答は...
紅組は...『和田アキ子さん』、一方の白組は...『SMAP』

※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「新語・流行語大賞」予測! 最も多かった回答は...
第一位は、アナと雪の女王から 『アナ雪』 ※ノミネート語発表前の調査

2014年も師走が目前に迫ってきました。今年一年を振り返ってみると、羽生結弦選手や錦織圭選手、松山英樹選手など若手スポーツ選手の躍進、消費増税や衆議院解散・総選挙など日本の政治経済は目下、景気回復に向けた取り組みを、またデング熱やエボラ出血熱、広島県土砂災害や御嶽山噴火などの自然災害が発生した一方、「アナと雪の女王」や「妖怪ウォッチ」などアニメがブームを巻き起こすなど、様々な出来事が起こった一年となりました。そんな2014年を決定づける年末恒例の賞、そしてNHK「紅白歌合戦」のトリが誰になるかについて、T会員1,409名を対象に大予測をしてもらう調査を行いました。
まずは、「ユーキャン新語・流行語大賞」(本調査は、ノミネートが発表される前に実施したため、一部対象外の語句があります)。今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の大賞に選ばれると思う言葉を予測してもらったところ、大ヒット映画「アナと雪の女王」から、作品名を省略した『アナ雪』(27.5%)が1位に選ばれました。続いて2位に選ばれたのは、子どもから大人まで思わず口にしてしまう日本エレキテル連合の『ダメよ~ダメダメ』(27.0%)、3位は子どもたちに大人気のアニメ『妖怪ウォッチ』(9.3%)が選ばれました。続いて4位は、同じく「アナと雪の女王」から、こちらも映画公開に伴って大ヒットした主題歌「Let It Go~ありのままで~」の『レリゴー』(6.9%)、5位は女子が思わず胸キュンしちゃう!?あのシチュエーション『壁ドン』(5.8%)という結果となりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング