LINE、第一回 LINE ノベル大賞の受賞作品が決定

PR TIMES / 2013年11月1日 14時46分

大賞はERINA著『SIMPLE』、併せて優秀賞を2作品発表
受賞作品は、12月中を目処に講談社より書籍・電子書籍を出版予定

LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川 亮)は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリLINE(ライン) http://line.naver.jp/で展開する小説サービス「LINE ノベル」において、講談社のサポートを受けて実施した小説コンテスト「第一回 LINE ノベル大賞」の大賞受賞作品が『SIMPLE』(ERINA 著)に決定いたしましたことをお知らせいたします。

併せて、優秀賞として、『RPG少年と目覚めない少女』(神蔵柾仁 著)が金賞、『ドキドキするのは恋だけでたくさんだ』(相武流生 著)が友だち賞を受賞しました。


「LINE ノベル」は、LINEの公式アカウント(LINE ID:@linenovel)を通じ、LINEでしか読めない小説を無料で楽しむことができるサービスで、2013年11月時点で約36万人以上が購読しています。


また、「LINE ノベル」の公開にあわせて開催した「第一回 LINE ノベル大賞」は、LINEという新たなプラットフォームを通して新人作家の発掘を行う小説コンテストで、候補作品を読んだ読者の投票による得票数によって、大賞を選定するものです。


この度開催した、「第一回 LINE ノベル大賞」では、応募総数約700作品の中から大賞候補を12作品まで絞り、2013年10月26日~27日にかけてLINEユーザーによる投票を行った結果、『SIMPLE』(ERINA 著)が大賞に選ばれました。また、優秀賞として、次点の『RPG少年と目覚めない少女』(神蔵柾仁 著)が金賞を、『ドキドキするのは恋だけでたくさんだ』(相武流生 著)が友だち賞を受賞しました。


なお、大賞および優秀賞受賞作品は、12月中を目処に講談社より書籍・電子書籍の出版を予定しています。


LINEでは、今後もさらに幅広い才能の発掘・活躍の機会を創出してまいります。


■各賞受賞作あらすじと著者プロフィール
大賞:『SIMPLE』 / ERINA(えりな)著
・あらすじ 高校に入学した桜木ひかりは部活選びのため、女子バスケ部を見学していた。そこで男子バスケ部の
佐々木翔平からシュート勝負を持ちかけられる。失いかけていたバスケへの情熱が蘇り、生まれる恋
模様。スポ根と恋愛で加速する青春ストーリー。
・プロフィール 1987年生まれ。第2回日本ケータイ小説大賞・JOYSOUND賞を受賞して作家デビュー。
受賞作『儚い者たち』(スターツ出版)、『Clover』(竹書房)、『雨唄』(竹書房)の3部作を出版。桐谷
美玲主演の映画『音楽人』の原作も執筆。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング