日本初!サイバードが、Facebook(R)社公式『認定マーケティングデベロッパー』に

PR TIMES / 2012年4月20日 15時57分



サイバードグループでモバイル事業を手がける株式会社サイバード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:堀 主知ロバート)は、4月19日(米国時間4月18日)に、全世界での利用者数が8億人を超え、日本においても月間利用者数が約1000万人とみられる、世界最大規模のソーシャルサイトFacebookの『認定マーケティングデベロッパー』に認められました。今回は、全世界35ヶ国232社がFacebookプラットフォームおよび広告ツールの専門企業として認められ、日本からも当社含め4企業が認定されました。

■認定マーケティングデベロッパープログラム(PMD)とは
Facebookでは、2009年以降、アプリ開発やFacebook上でのマーケティングのニーズがある企業と、開発パートナーをつなげる取り組みをしてまいりました。
ソーシャルなコミュニケーションに対応するビジネスニーズが急速に拡大していることをうけ、この取り組みを一新し、Facebookは4月19日(米国時間4月18日)、新たに認定マーケティングデベロッパープログラム(Preferred Marketing Developer program、以下PMD)を開始しました。
本プログラムの目的は、それぞれの強みを持つ開発会社を認定パートナーとし、その強みに合ったニーズを持つクライアント企業と引き合わせることにあります。その上で、認定パートナーと企業やブランド担当者が、Facebook上で求めるマーケティングおよび技術的ソリューションを作り上げるパートナーとして、ともにFacebook上でのキャンペーンやアプリの開発に携わってもらうためのサポートをするものです。
https://developers.facebook.com/preferredmarketingdevelopers/

サイバードでは、今後もFacebookを世界最大規模のプラットフォームとして捉え、携帯向けサービスで培った経験と実績を元に、Facebook向けサービスの開発・展開を加速してまいります。
また、開発者やユーザーの意見をFacebookへ届ける窓口となって利便性の向上に努め、Facebookの利用促進に繋がる積極的な取り組みと活動をさらに推進してまいります。

<ご参考>
サイバードでは、これまでFacebookのAPIを活用したさまざまなアプリケーションを開発するエンジニア支援を行い、Facebook開発者の裾野を広げる活動を積極的に展開してまいりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング