就活生の自己分析に役立つ「Facebookアプリ」サービス開始 Facebookの「友達」が分析 「JOBRASS自己他己診断」

PR TIMES / 2012年12月6日 15時7分

~「自己診断」と「他己診断」の比較で、「盲点」の自分を知ろう~

株式会社アイデム(本社:新宿区新宿/代表取締役社長:椛山 亮)は、Facebookアプリ「JOBRASS自己他己診断」を開始しました。このアプリは、新卒向け相互マッチング型就活サイト「JOBRASS(ジョブラス)新卒2014」のFacebookページで公開したもので、Facebookの「友達」に自分の分析を依頼し、自己診断と他己診断の結果にどれだけ差異があるかを理解できるアプリです。



「自己診断」と「他己診断」で、自己分析の参考にできる


就職活動では、志望企業を決定する上でも、エントリーシートや面接で自分をアピールする上でも、「自己分析」は非常に大切です。楽天リサーチ株式会社が発表した「SNSと就職活動に関するインターネット調査」(2012年9月)によると、「就活成功のために必要だと思うことは?」との質問に、一番多く回答を集めたのが「自己分析を徹底的にすること」(56.3%)でした。

今回、「JOBRASS新卒2014」のFacebookページで公開されたリ「JOBRASS自己他己診断」は、Facebookの友達に自分に対する診断を依頼できるアプリです。まずは「自己診断」として、5問の設問に回答することにより「規律性」「社会性」「論理性」「楽天性」「協調性」が5段階のチャートになる「自己診断チャート」を見ることができます。さらに、「気持ちでつっぱしる熱血系」など、自分の「就活タイプ」も合わせて診断します。

「自己診断」を終えると、Facebook上でつながっている「友達」3人に、「他己診断」を依頼することができます。「他己診断」の依頼があった友達が、「自己診断」と同じ全5問の設問に回答することにより、「他己診断チャート」と「就活タイプ」がタイムラインに投稿されます。

「他己診断」後は、「自己理解度診断」として自己診断と他己診断の「診断チャート」や「就活タイプ」の比較をすることができます。さらには「自己理解度診断結果」として、自己診断と他己診断の「合致率」が表示されます。10%未満であれば「自分が見えていないかも」、90%以上であれば「完璧な自己分析です!」といったように、自分で見えている自分と、他人から見えている自分の差異を知ることで、より深い、徹底した自己分析につなげることができます。


他己診断の目的は「盲点の窓」を知り、より深い自己分析を行なうこと

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング