発売前から話題沸騰!親子でスマートフォンやインターネットの便利と危険を考える絵本『スマホをひろったにわとりは』が発売!

PR TIMES / 2020年7月17日 18時40分

・年々増加するSNS犯罪から子どもを守るために読んでほしい、ちょっとおかしなおとぎ話
・メディアリテラシー教育の導入教材としてもおすすめの絵本



マイクロマガジン社(東京都中央区)は、絵本『スマホをひろったにわとりは』を7月17日に発売いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/48095/219/resize/d48095-219-765982-5.jpg ]

スマホをひろったにわとりは
https://kodomono-hon.com/detail/?titleid=60404
著:ニック・ブランド/翻訳:いしだみき
ISBN: 9784867160404
B4変型版/ 書籍
定価:1,380円(税抜)
発売日:2020年7月17日

とても友達思いなにわとりが、ある日、不思議な光る箱をみつけます。
そこには親切そうな動物からのメッセージが次から次へと届きます。
まあ! すてき!
にわとりは自分の理解者に会えるに違いないと、
その箱にどんどんのめり込んでいきます。
ついに、メッセージを送ってくる友達と会うことになったのですが…
[画像2: https://prtimes.jp/i/48095/219/resize/d48095-219-762956-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/48095/219/resize/d48095-219-351581-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/48095/219/resize/d48095-219-270458-4.jpg ]


数々の受賞履歴のある豪州の大人気絵本作家、ニック・ブランドの問題作がついに邦訳。
年々増加するSNS犯罪から子どもを守るために読んでほしい、ちょっとおかしなおとぎ話です。
スマートフォンやインターネットの使い方などの、メディアリテラシー教育の導入教材としても活用いただけます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/48095/219/resize/d48095-219-238938-6.jpg ]



著者情報

ニック・ブランド
1973年オーストラリアビクトリア州ヤラ・バレー生まれ。
書店で働き始めたことをきっかけに絵本作家をめざし、2005年にデビュー。
文を担当した『だいすきだっこ』 (岩崎書店)で2012年オーストラリア児童図書賞受賞。『ぺっこぺこヒグマ』(クレヨンハウス)で2013年Australian Book Industry Award(ABIA)受賞。

いしだみき
1970年神奈川県生まれ。大学で国文学を学ぶかたわら、趣味でイギリス文学をはじめとした翻訳を始める。
卒業後、出版社勤務。児童書や海外絵本の編集職を経て、翻訳業に。

マイクロマガジン社公式サイト
https://micromagazine.co.jp/
こどものほん編集部公式サイト
https://kodomono-hon.com/
マイクロマガジン社第三編集部
Twitter  https://mobile.twitter.com/micromagazine03
Instagram  https://www.instagram.com/micromagazine_ehon/

【内容・販売に関するお問い合わせ先】
(マイクロマガジン社 販売営業部)
hanbai-bceigyou@microgroup.co.jp
【取材・その他に関するお問い合わせ先】
(マイクロハウス 広報)
release_mg@microgroup.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング