「富士山の世界遺産登録に関する全国意識調査」を発表

PR TIMES / 2013年2月21日 15時26分

「世界遺産にふさわしいと思う候補地」は、「富士山」が圧倒的1位!!

“富士山エリアを完全ガイドするウェブサイト”「フジヤマNAVI」〔運営:富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市、社長:堀内光一郎)〕では、2月23日の富士山の日を前に「富士山の世界遺産登録に関する全国意識調査」を行いました。

富士山については、いよいよ今年の夏(6月頃)にも「世界遺産」に登録されるかどうかが発表される予定です。そのXデーに向け、地元はもちろんのこと、日本全体での盛り上がりを期待したいところですが、その関心度合は地域によってまだ差がありそうです。そこで今回、全国8エリアごとに富士山の世界遺産登録に向けた興味・関心を比較調査。本調査を発表することで、人々が世界遺産登録について、より関心を持つキッカケ作りをしたいと考えています。
本調査の結果、次のようなエリアごとの特徴や、世界遺産登録への意識の差などが明らかになりました。
 ※本調査結果をご掲載いただけます場合は、「フジヤマNAVIの調査である」旨を表記いただければ幸いです。

-調査結果トピックス-
■ 「今年登録されるかも知れない」ことの認知率は関東エリアが最も高く58.5%に達する。
一番低い九州・沖縄エリアはわずか34.0%となり、認知率には20ポイント以上の開き。
■ 「世界遺産登録にふさわしいと思う日本の候補地」は「富士山」が1位で、全国平均54.7%の支持を集める。
■ 富士山の世界遺産登録を「支持する」は、一番高い中部エリアで88%。一番低い東北エリアでも75%。
■ 世界遺産登録されたら「富士山の環境問題を気にしそう」が最も多く全国で34.8%、
登録後の行動は、中国エリアの人が最も活発化!?

調査概要

◆調査名: 「富士山の世界遺産登録に関する全国意識調査」
◆調査期間: 2013年2月8日(金)~2月12日(火)
◆調査対象者: 全国の20代~60代の男女、1,600人
◆割付方法: 北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州沖縄 各200 人
◆調査方法: インターネット調査  ◆調査機関: オリコン・モニターリサーチ
各エリア分類
1.北海道
2.東北(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)
3.関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)
4.中部(新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県)
5.近畿(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)
6.中国(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)
7.四国(徳島県、香川県、愛媛県、高知県)
8.九州・沖縄(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング