ボルテージ新人発掘プロジェクト 「第2回 恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞」 授賞式を開催

PR TIMES / 2014年1月17日 18時41分

株式会社ボルテージ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:横田晃洋)は、「第2回 恋愛ドラマアプリ(旧恋ゲーム) シナリオ・イラスト大賞」の授賞式を、1月16日(木)に東京都渋谷区 文化総合センター大和田さくらホールにて開催いたしました。

本プロジェクトは、次世代の優秀なシナリオライター・イラストレーターの発掘・応援を目的として2012年スタートし、今回が2度目の開催となりました。シナリオ部門・イラスト部門に加え、世界で活躍するクリエイターを発掘するために、新たにインターナショナル・イラスト部門を設立。日本を含む21ヵ国から、数多くのご応募をいただきました。そしてこの度、厳選なる審査を勝ち抜き、最優秀賞・優秀賞・特別賞に8名の方が選ばれました。

授賞式には、シナリオ部門・最優秀賞の稲葉孝生さん、優秀賞の孫井夏海さん、成瀬レイさん、イラスト部門・優秀賞の白崎さん、ふゆみやさん、そしてインターナショナル・イラスト部門・特別賞の又三真さんの6名が出席し、代表取締役社長横田晃洋より、トロフィーと賞金(最優秀賞50万円、優秀賞・特別賞10万円)が授与されました。




受賞者の今後のご活躍に期待するとともに、ボルテージはこれからも、才能豊かなクリエイターの活動の場が広がるよう、恋愛ドラマアプリの発展に努めてまいります。また、第3回目の“恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞”の開催に向けて準備をしてまいります。


【シナリオ部門】

最優秀賞:稲葉孝生 さん
作品名:「ハズレ男と婚活女子」
-------------------------------------------
10年、書かない時期がありました。応募するにあたり、迷いやためらいがありましたが、その10年を、失った10年にするのではなく、何かを得るためにあった10年だと捉え直し、応募させていただきました。このような賞をいただいたことは、私自身の人生経験が、自分の作品の強みになり、武器になり、個性になりうるということの証だと思い、大変嬉しく思います。私自身の人生や物語を、とても素直に、心から肯定できる、そういうきっかけをいただいたように思います。

優秀賞:成瀬レイ さん
作品名:「星数の出会いの中で」
-------------------------------------------
ずっと恋愛もののシナリオを書きたいと思っていたので、このような評価をいただけて、本当に嬉しく思っています。今後もシナリオを書いていくにあたり、キャラクターを大事にし、キュンとしたり、せつなかったり、そういった恋の感情を感じられるようなストーリーを作っていきたいと思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング