1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「AIアナリスト」、無料でも利用可能なレポート機能に、新たにページ×検索流入キーワードでコンテンツマーケティングの成果検証を自動で行うレポート機能を追加

PR TIMES / 2021年10月7日 21時15分

重要なポイントを抑えたモニタリング継続をサポート

デジタルマーケティングのPDCAツール「AIアナリスト」を中心としたマーケティングのDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACUL(読み:ワカル、代表取締役CEO:大淵 亮平、証券コード:4173、以下当社)は、「AIアナリスト」のSEO関連機能として、20201年7月にリリースした「SEOレポート」の機能強化として、SEO向けに作成した記事ページ毎に、狙ったキーワードでの成果レポートを自動化する「ページ×キーワードレポート」を無料でリリースしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/11052/222/resize/d11052-222-33d7d0fa18e964af3351-0.png ]



本レポートを無料で利用できる「AIアナリスト」はこちらから
https://wacul-ai.com/


◩「ページ×キーワードレポート」リリースの背景
当社では、検索流入の増加による、CV数の最大化を目的に、メディア等にページ(記事)の追加・更新を行うコンテンツマーケティングを、AIアナリストSEOの記事提供サービス( https://wacul-ai.com/seo/)で支援しています。

記事はWebサイト上に公開しただけで終わりではなく、その後に成果データを分析し、PDCAをまわすことが大切です。この成果検証を正確に行うには、作成したページに毎に、検索上位化を狙ったキーワードの順位推移や、獲得した訪問数・コンバージョン数の成果をレポートする必要がありますが、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールのデータを併せて確認する必要があり、データ集計に時間が掛かってしまうという課題があります。

そこで当社では「AIアナリストSEOレポート」の機能アップデートとして「ページ×キーワードレポート」の開発を行い、この機能を「AIアナリスト」利用ユーザーすべてに無料で提供致します。

「ページ×キーワードレポート」では、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを連携し簡単な設定を行うことで、時間と手間の掛かっていた、コンテンツマーケティングの成果検証、ページ単位のSEO成果レポートの自動化を実現できます。

◩「ページ×キーワードレポート」の機能
GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを連携の上、ページ(記事)に対して狙っているキーワードを指定すれば、対象ページ毎に以下指標がレポートされます。

狙っているキーワードの順位推移
記事の文字数
記事の公開日。更新日
訪問数
CV
CVR
直帰率
滞在時間
CVユーザーへの初回接触数
表示速度
狙っているキーワード以外にクリックの多いキーワード
さらに、記事カテゴリを指定すれば、カテゴリ毎の成果もレポート

(レポート画面 イメージ)

[画像2: https://prtimes.jp/i/11052/222/resize/d11052-222-0b6867f64dc0b2aa2f95-2.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/11052/222/resize/d11052-222-7577b6ce9df23e036012-1.png ]

◩ 今後の展開
「SEOレポート」の機能強化により、コンテンツマーケティングの成果確認が可能になりました。
今後も、「サイト」「広告」「SEO」それぞれに最適化された機能強化・改善をよりスムーズに提供し、デジタルマーケティングのDXプラットフォームとして、皆様のマーケティングのPDCA活動を強く支援いたします。

◩ WACULについて
WACULは、テクノロジー×ビッグデータで、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する様々な課題解決プロダクトを持つDXカンパニーです。
2010年にデジタルマーケティングのコンサルティング事業を開始し、人工知能等を活用したデータアナリティクスの先進テクノロジーとコンサルティングを通じて蓄えた知見とを融合し、2015年から「AIアナリスト・シリーズ」を提供、マーケティング&セールスのDXを通じて、クライアントの売上最大化を効率的に実現します。

<会社概要>
会社名  :株式会社WACUL(読み:ワカル)
Webサイト: https://wacul.co.jp/
本社所在地:東京都千代田区神田小川町3-26-8 2F
代表者  :代表取締役CEO 大淵 亮平
事業内容 :AIによるデジタルマーケティング改善提案ツール「AIアナリスト」企画・開発及び販売
Twitter  : https://twitter.com/wacul_jp
Facebook : https://www.facebook.com/wacul.co.jp/

<主要サービス>
・デジタルマーケティングのPDCAを支援するマーケターエンハンスメントツール「AIアナリスト」
データ分析を自動的に行い、改善提案から実行施策の成果測定までマーケティングのPDCAサイクルを支援する、マーケターエンハンスメントツール。マーケターは、データ分析作業や施策管理、施策の効果検証などの煩雑な作業ではなく、本来行うべき戦略的なタスクに集中できる。

申込サイト(無料)はこちら: https://wacul-ai.com/

・CV最大化フォーカスのコンテンツSEO制作サービス「AIアナリスト SEO」
AIがアクセス解析データに基づいて狙うべきキーワードの選定を行い、SEOに強いコンテンツを制作する。

サービスご紹介・資料請求はこちら: https://wacul-ai.com/seo/

・低コストな自動広告運用サービス「AIアナリスト AD」
AIアナリストのノウハウを活用してCV獲得に効果的な広告媒体を選定、効率的な広告運用を代行する。

お問い合わせはこちら: https://wacul-ai.com/ad/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング