【徳島県×阿波藍の匠×ルネッサンス リゾート ナルト】600年の歴史を超え「阿波藍ルーム」誕生。~日本を代表する藍、Japan Blueにふれる~

PR TIMES / 2018年7月24日 12時1分

http://renaissance-naruto.com/

ルネッサンス リゾート ナルト(徳島県鳴門市 総支配人 高橋裕二/客室数208室 http://renaissance-naruto.com/)では、阿波藍の魅力を広く発信すべく、徳島県と阿波藍魅力創造発信プロジェクト協力監修の下、「阿波藍ルーム」を新設。2018年7月24日「とくしま藍の日」より販売を開始いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/24632/222/resize/d24632-222-733324-0.jpg ]

江戸中期から明治にかけて、山形の紅花とともに天下を藍色で覆ったともいわれる徳島の藍。阿波藍ルームはその伝統的な技法を今に伝える徳島を代表する4名の“藍染めの匠”が「阿波踊り」や「渦」などをテーマに個性的で意匠美に満ちた客室に仕上げます。
「阿波藍」とは、徳島で栽培されたタデ科の植物である藍の乾燥葉を発酵させて作る天然藍染料「すくも」のことを言い、今も5軒の藍師が伝統製法を守りながら作り続けています。この貴重な「すくも」を使用した“天然灰汁発酵建てによる本藍染”という江戸時代から伝わる技法を用いて染め上げ、床の間の建材や襖(ふすま)の一部に施し、藍染の調度品も設えます。目で見て、手に取り、本物の藍の良さをじっくりと五感で体験できる、まさに“泊まれる阿波藍ギャラリー”です。阿波藍ならではの奥深い色彩と世界観に寛ぎ、上質なひと時をお過ごしください。建材を含め一部の藍染作品や調度品は、カタログにて詳細をご紹介し、ホテルオリジナルショップやインターネットでの販売も予定しております。

■阿波藍ルーム(62平方メートル )
【協力/監修】徳島県観光政策課、阿波藍魅力創造発信プロジェクト、クリエイティブ徳島協同組合
【アメニティ】藍染め竹コップ、藍の茶葉と阿波菓子、書籍「阿波藍」、季節の一輪挿し、選べる色浴衣
     60型4K液晶テレビ、加湿空気清浄機、無料WiFi、国内外通話無料スマートフォンhandy完備
【料 金】1泊2食付きお一人様25,000円~(2名1室) 税サーヒ゛ス料込、入湯税150円別

<阿波藍ルーム詳細> ※一部予定を含む/敬称略

■602号室 匠/近藤美佐子氏 テーマ/阿波踊り 
【近藤美佐子 本藍染】*天然灰汁発酵建てによる本藍染
・玄関及び廊下の藍染ファブリックボード(4点)
 「川辺の踊り子」 連作になります。阿波踊りの舞台近くの川の流れと女踊りの踊り子がテーマです。
・床の間の藍染作品(1点/額入り)
 「水辺の舞台」 新町川のほとりの広場で踊る阿波踊りをテーマにした作品です。
 新町川の流れと踊り子の動きが止まった瞬間を切り取った力作です。
・テーブルセンター(1点)
 「流れ」 遠くから聞こえてくる阿波踊りのリズムと川のほとりの水の流れる音が織りなす1つの動き「流れ」
 をテーマにした作品です。
【藤森美和子 藍染】
・次の間 ふすま(3枚)Awagami Factory(吉野川市山川町)
 阿波手すき和紙「藍」を使用(阿波手すき和紙の匠/藤森美和子)
 阿波特産の天然藍を用い、伝統的な技法で染色された藍染和紙を使用
 阿波藍段染め(グラデーション)ならではの多彩な色合いが魅力
【その他 藍関連の建材・調度品】
・玄関ドア前壁面/大利木材株式会社(徳島市津田)藍染建材「凛」シリーズ K003‐つきのみ
・床の間側壁面/同上 K001‐いちまつ  *いずれも藍塗
・本間 障子(海側)/Awagami Factory(吉野川市山川町)  阿波手すき和紙(作/藤森美和子)
 鳴門の海をイメージして藍色に着色し「落水」の技法で漉いた阿波和紙
・AOLA藍染LED照明スタンド/ シェード:藍塗装米松(大利木材株式会社)
 
■502号室 匠/矢野藍秀氏 テーマ/鳴門の渦潮 波・青海波 
【矢野藍秀 本藍染】*天然灰汁発酵建てによる本藍染
・玄関ドア前壁面/本藍染「青海波」文様 (額入り)
・本間床の間側の壁面/天然木(楓)を薄く削った皮に本藍染を施した建材(正方形)を市松模様に張り合わせ
 ました。見る角度(光)によって色の濃度が変わる不思議な仕上がりです。  *特注
・本間 ふすま(開き戸2枚) 本藍染帽子絞りグラデーション  *「天女の舞」生地使用
 (ふすま2枚)本藍染グラデーション
・次の間 ふすま (3枚) 本藍染グラデーション
・廊下の藍染作品(1点/額入り)「波」本藍染 ムラ雲絞り 
・床の間の藍染作品(1点/額入り)「鳴門渦潮」本藍染 ししげ絞り 藍返し
・テーブルセンター(1点)「波」

■609号室 匠/原田政則氏(ふた藍) テーマ/鳴門の名月  ※2018.10/1完成予定

■509号室 匠/古庄紀治氏  テーマ 未決      ※2018.10/1完成予定
 *徳島県無形文化財 国選定卓越技能章(現在の名工)

<施設概要>
■ルネッサンス リゾート ナルト(徳島県・鳴門市)  https://renaissance-naruto.com/
神戸より車で90分、瀬戸内海国立公園内に位置するオーシャンビューホテル。海に昇る朝日を客室や天然温泉から一望します。阿波徳島の美味は、割烹バイキング阿波三昧や炭火焼、フレンチ懐石、和会席など個性的なレストランでご堪能いただけます。夏はプール&海水浴&海の家、また 一年を通じて、阿波踊りライブやビーチランド、クルージング、テニス、サイクリング、鯛飯教室、ワカメ漁/2-3月、鳴門金時芋掘り/9-11月、藍染や絵付け、手漉き和紙などのご当地体験が好評です。周辺には、渦の道や大塚国際美術館、花見山、一番札所など観光スポットも豊富です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/24632/222/resize/d24632-222-576849-1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング