日本各地の魅力ある商材を磨き上げ海外展開する 「クールジャパンの芽の発掘・連携促進事業」8月開始

PR TIMES / 2013年7月31日 14時46分

ITに専門特化した人材サービス・アウトソーシングサービスを行う株式会社パソナテック (本社:東京都千代田区、代表取締役社長 吉永隆一、www.pasonatech.co.jp)は、日本の製品や文化に新たな価値をつけ、海外展開や日本へ人を呼び込むために、企業や団体と海外市場の開拓を担うクリエイターやデザイナーなどの“プロデューサー人材※1”が連携した地域コンソーシアムを支援し、各地の魅力あるコンテンツを国内外へ発信する「クールジャパンの芽の発掘・連携促進事業」を経済産業省より受託し、本事業に参加する地域コンソーシアム59団体の支援を本年8月より開始いたします。
また、8月下旬より2次公募を開始し、追加で地域コンソーシアムを支援する予定です。

安倍政権の成長戦略のひとつとして期待される「クールジャパン」戦略※2。先月には、日本の生活文化の特色を生かした魅力のある商品やサービスを海外で展開する企業に資金面の支援を行う「クールジャパン推進機構」の設立が決まりました。
クールジャパンを推進するには、「文化」と「産業」、「ネット」と「リアル」の連携、また「伝統」と「最先端技術」の融合など、業種や職種を超えた新たな連携が求められています。

そこでこの度、パソナテックが実施する「クールジャパンの芽の発掘・連携促進事業」では、クールジャパンの商材による中長期的な海外市場獲得やインバウンド誘致を図る意欲のある地域の中小企業や商店街等と、クリエイターやデザイナー等から成るプロデューサー人材とが地域コンソーシアムを形成し、海外向けに商材の改良・ブランド化を図るプロジェクトを支援いたします。
また地域コンソーシアムはプロジェクト終了後、自立的・継続的なビジネス展開を目指していきます。

パソナテックは当事業を通じて、日本各地の地域の活性化と共に、日本の魅力を海外に浸透させ、イノベーションを起こすグローバル人材の育成及び雇用創造を目指してまいります。

※1 プロデューサー人材とは、地域資源の良さを再発見し、海外需要者側の視点に立って地域資源を改良、差別化を図ることによって付加価値をつけて新市場へ投入させる役割を担う。
※2 クールジャパン戦略とは、日本の魅力ある商品・サービスのうち、世界の人々も「クール(格好いい)」と憧れ、欲しがるようなものを海外ビジネスにつなげる取り組み。アニメや漫画のみならず、ファッション、食、伝統産品、サービス、テクノロジー、教育、観光など、幅広く含まれる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング