この1年に話題を集めた新商品の中から、“現場のプロ”である審査員が選んだ文房具の頂点「文房具屋さん大賞2019」発表!

PR TIMES / 2019年2月8日 12時40分

栄えある大賞は…「GLOO スティックのり」(コクヨ)



株式会社 扶桑社は、2013年からスタートした文房具ファン注目の『文房具屋さん大賞』を2019年も開催。“文房具のプロ”である売り場の店員さんが最高の逸品を選ぶ、大賞および各賞を決定いたしました。
2019年2月8日に発売する『文房具屋さん大賞2019』(扶桑社ムック)で詳細を発表します。

●「文房具屋さん大賞」とは?
サラリーマンやOL、そして学生を中心に愛される「文房具」。近年、デザインや効率、機能性がますます多様化し、それに伴い、マニアによるイベントなども開催され、空前の“文房具ブーム”は過熱する一方です。そんななか、本賞では、誰よりも真剣に現場で文房具と向き合う「文房具屋さん」に着目。今年も、文房具ファンにはおなじみの人気文房具屋さん8社から最強の審査員が集結しました。審査員や各メーカーより推薦のあった文房具の中から、デザイン、機能、アイデアごとにポイントをつけ、総合点で頂点を極めた「大賞」をはじめ「デザイン賞」「機能賞」「アイデア賞」「各部門賞」を決めます。 ※下記の公式サイトで確認できます。
●主催
株式会社 扶桑社「文房具屋さん大賞」実行委員会
●審査参加社(五十音順)
石丸文行堂、コーチャンフォー、TSUTAYA、東急ハンズ、ノベルティ研究所、丸善ジュンク堂書店、有隣堂、ロフト
●公式サイト
https://www.fusosha.co.jp/special/bunbougu/
●2019の「大賞」は「GLOO スティックのり」(コクヨ)に決定!
数ある新商品の中から現場のプロが選んだ「文房具屋さん大賞2019」の「大賞」は、「GLOO スティックのり」(コクヨ)が選ばれました。機能性とデザイン性に優れ、普段使うのりを格段におしゃれにする、のりの常識を変えた「文房具界の風雲児」として、審査員の高評価を得ました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/26633/223/resize/d26633-223-922263-0.jpg ]

また、その他の主な賞は以下の通りとなっています。
●デザイン賞:モノグラフ グリップモデル(トンボ鉛筆)

[画像2: https://prtimes.jp/i/26633/223/resize/d26633-223-320278-1.jpg ]

●機能賞:長刀 ふでDEまんねん(セーラー万年筆)

[画像3: https://prtimes.jp/i/26633/223/resize/d26633-223-555050-2.jpg ]

●アイデア賞:maco(カンミ堂)

[画像4: https://prtimes.jp/i/26633/223/resize/d26633-223-657409-3.jpg ]

※各賞の詳しい説明等は、以下の「公式本」をご参照ください。

◆“公式本”の発売について
『文房具屋さん大賞2019』(扶桑社ムック)
発売日:2019年2月8日
発行・発売:扶桑社
定価:本体830円+税
サイズ:AB判 96ページ
ISBN:978-4-594-61383-9
[画像5: https://prtimes.jp/i/26633/223/resize/d26633-223-614105-4.jpg ]

⇒2019年受賞商品など全503アイテムを徹底紹介
「大賞」「デザイン賞」「機能賞」「アイデア賞」のほか各部門賞の受賞ポイント、機能、使い方、バリエーションを徹底分析。
⇒ほか、「ブング・ジャム スペシャル座談会 注目を集める最新文房具のトレンドを完全総括!!」「ライフスタイル別筆記具診断」「NEXT!バズリ文房具」「日本で手に入る注目の台湾文房具」「大人気の『文具女子博2018』に潜入リポート」など、さまざまな企画も充実。
⇒話題の文房具80アイテムを397名様にドーンとプレゼント!

◆今回本書でご紹介した、いずれも魅力的な文房具を読者プレゼントいたします。詳細は本書でご確認ください。
応募締め切り: 2019年5月10日消印有効
応募は下記公式サイトからも可能です。
公式サイト : https://www.fusosha.co.jp/special/bunbougu/

◆購入リンク
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4594613837/
楽天市場
https://books.rakuten.co.jp/rb/15782295/

◆本件に関するお問い合わせ
株式会社 扶桑社
URL : http://www.fusosha.co.jp
※内容に関しては編集部、見本誌・表紙画像データご手配は宣伝部までお問い合わせください。
●書籍第1編集部 担当: 秋葉
TEL:03-6368-8870  MAIL:S_Akiba@fusosha.co.jp
●宣伝部 担当:鈴木
TEL:03-6368-8864 MAIL:T_Suzuki@fusosha.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング