トリップアドバイザー、口コミ利用の動向に関するユーザー12,000名以上への調査を発表

PR TIMES / 2014年2月14日 11時4分

旅行を計画するユーザーは、口コミに対する事業者の回答にも着目




東京 -世界最大の旅行口コミサイト*、TripAdvisor(R)(トリップアドバイザー、本社:マサチューセッツ州ニュートン、NASDAQ:TRIP、CEO:スティーヴン・カウファー、日本語版サイト:http://www.tripadvisor.jp)は、旅行の計画・決定における口コミが与える影響についての調査を発表しました。調査は、全世界12,225名(うち、日本人660名を含む)のトリップアドバイザーユーザーを対象に、PhoCusWright社が2013年末に行いました**。それによると、半数以上(53%)の人は、他の旅行者の口コミを読むまでは、ホテルを始めとする旅行に係る予約を確定させないことが明らかになりました。

調査回答者のトリップアドバイザー訪問頻度は高く、回答者の29%がひと月に数回、12%が少なくとも週に1回、26%が週に2回以上サイトを訪問していました。つまり、回答者の67%がひと月に数回以上、トリップアドバイザーのサイトを訪問していることになります。

調査回答者の8割以上(83%)の人が口コミを参照することで、旅行の決定に自信を持ち、旅行をより良いものにすることができると答えています。そう回答した中の93%の人は、旅行全体のなかでもホテル選びは特に重要だと感じていました。

トリップアドバイザーは、ホテルに関する情報以外も参照されています。
・ 毎回、またはほぼ毎回、宿泊施設を選ぶ前にトリップアドバイザーの口コミを参照する…77%
・ 毎回、またはほぼ毎回、レストランを選ぶ前にトリップアドバイザーの口コミを参照する…50%
・ 毎回、またはほぼ毎回、観光施設を選ぶ前にトリップアドバイザーの口コミを参照する…44%

合わせて今回の調査では、旅行を計画する際、どのように口コミが利用されていか、また、口コミに対する施設からの回答がどのような印象をユーザーに与えるか、なぜ口コミを投稿するか等の、興味深いポイントも明らかにされました。

トリップアドバイザーCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)のバーバラ・メッシングは、「旅行を計画する上で、口コミが重要な役割を果たしていることは明らかです。旅行者がよりソーシャルメディアを使うようになってくる中、ホスピタリティビジネスにおいて口コミは大きな影響力を持っていることが今回の調査を通じて明らかになりました。また、事業者側の口コミに対する対応にも旅行者は着目していることが分かってきました」とコメントしています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング