期間限定のフルコースデ“岡山テロワールを感じる”第二弾を8月1日(金)から提供

PR TIMES / 2014年8月1日 9時52分

岡山全日空ホテル×御前酒の蔵元・辻本店のコラボレーション

岡山全日空ホテル(岡山市北区駅元町15-1 総支配人 松宮 郷)は、8月1日(金)から8月31日(日)までの1カ月間、1Fカフェレストラン「Cafe Urbano(カフェ ウルバーノ)」で、“岡山テロワールを感じる~地元食材と地酒・ワインのマリアージュ”の第二弾とsて、岡山県真庭市勝山にある御前酒の蔵元「辻本店」と同ホテルのコラボレーションを楽しめるディナーメニューを販売します。



 岡山全日空ホテル(岡山市北区駅元町15-1 総支配人 松宮 郷)は、8月1日(金)から8月31日(日)までの1カ月間、1Fカフェレストラン「Cafe Urbano(カフェ ウルバーノ)」で、“岡山テロワールを感じる~地元食材と地酒・ワインのマリアージュ”の第二弾とsて、岡山県真庭市勝山にある御前酒の蔵元「辻本店」と同ホテルのコラボレーションを楽しめるディナーメニューを販売します。
 テロワールとは、地域のあらゆる現象と密接に結びついたその土地ならではの風土を意味するフランス語です。“岡山テロワールを感じる~地元食材と地酒・ワインのマリアージュ~”では第一弾のワインに続いて、第二弾では「辻本店」で醸造された日本酒との相性を考えた、前菜からデザートのフルコースのディナーメニューをご用意。全ての料理に岡山の旬の食材を取り入れ、ホテルのシェフが腕によりをかけて美しく、美味しい料理に仕上げ、岡山のテロワールを十分に味わっていただけるよう仕上げています。(税・サービス料込 4,800円・6,800円)また、5種類の日本酒が少量づつセットになった『利き酒セット』もご用意します。
 岡山の大地が育んだ数々の食材と共に岡山のテロワールを心ゆくまでご堪能いただけます。

『岡山のテロワールを感じる~地元食材と地酒・ワインのマリアージュ~』第二弾 概要
期間:2014年8月1日(金)~8月31日(日)
場所:1Fカフェレストラン「Cafe Urbano(カフェ ウルバーノ)」
販売時間:ディナー/17:30~21:30(L.O)
ご予約・お問い合わせ:TEL 086-898-2268
内容/料金(消費税・サービス料込):
 ◇『Menu de Terroir』/4,800円・6,800円
 前菜からデザートまで、全ての料理に岡山の旬の食材を取り入れたフルコースディナー。
 6,800円のコースは「日本酒・岡山フルーツカクテル」の中からワンドリンクサービス。
   4,800円コース
  アミューズ/オーガニック野菜のピクルス・そうめん瓜とトビコのジェノベーゼ ポン酢のエスプーマ
        長船町一文字合鴨
  前菜/総社赤米味噌でマリネしたフォアグラのテリーヌ 焼き茄子と枝豆のピューレ
  魚料理/ジャージーヨーグルトと酒粕でマリネした旬の魚 新生姜のヴァンブランソース
  肉料理/桃太郎ビーフバラ肉
  デザート/高梁紅茶のムース マスカットチャツネ フルーツビネガージュレ
       岡山産ハーブとシャルトリューズのソース2種
  コーヒー/パン
   6,800円コース
  アミューズ/オーガニック野菜のピクルス・そうめん瓜とトビコのジェノベーゼ ポン酢のエスプーマ
        長船町一文字合鴨
  前菜2種/総社赤米味噌でマリネしたフォアグラテリーヌ 焼き茄子と枝豆のピューレ
      矢掛町アスパラのロティ 自家製カラスミと塩卵黄 桃太郎トマトサラダ仕立て
  魚料理/ジャージーヨーグルトと酒粕でマリネした旬の魚 新生姜のヴァンブランソース
  肉料理/桃太郎ビーフバラ肉
  デザート/高梁紅茶のムース マスカットチャツネ フルーツビネガージュレ
       岡山産ハーブとシャルトリューズのソース2種
  コーヒー/パン

 ◇利き酒セット/1,500円
 辻本店の日本酒5種類を少量づつご賞味いただけます。
  ・GOZENSHU 9 NINE「スパークリング」「夏季限定ブルーボトル」・純米酒「美禄」・純米吟醸「如意山」
  ・純米大吟醸「馨」

※辻本店について
文化元年(1804年)創業以来、200年以上この地で酒造りに励む老舗の蔵元。昔ながらの佇まいに新しい息吹を吹き込む斬新な経営手法が話題を呼び、今や岡山県を代表する蔵元のひとつに。元々は当時の三浦藩藩主に献上したという「御前酒」の蔵元としてその名を広めたことが最初で、すっきり辛口の酒は、以後地元はもとより多くの著名人にも愛されてきました。平成19年には、岡山県初の女性杜氏が誕生したことでも話題となり、蔵人も若返ったことで、若者に向けた「GOZENSYU 9(NINE)」など次々に新しい商品も登場。蔵内では試飲も可能で、隣には酒蔵を改装したレストラン「西蔵」も用意されています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング