患者自身の脂肪細胞を使った遺伝子治療法を世界で初めて実施

PR TIMES / 2017年12月21日 10時1分

~6ヶ月間の観察で安全性を確認し、実用化に向けて前進~

千葉大学医学部附属病院(病院長 山本 修一 千葉市中央区)の糖尿病・代謝・内分泌内科 横手 幸太郎 教授 は、難病指定されている「LCAT(エルキャット)欠損症」の患者さんを対象に、今年2月、患者さん自身の脂肪細胞を使った遺伝子治療法を世界で初めて実施しました。
この研究は、岡山大学病院腎臓・糖尿病・内分泌内科 和田 淳 教授 との共同研究によるもので、このたび、6カ月間の観察を経て、安全性が確認され、脂質代謝の改善も示唆されました。今後、再生医療・遺伝子治療用細胞医薬品としての承認を目指し、医師主導治験へと実用化に向けた一歩を踏み出してまいります。




遺伝子治療法の概要


LCAT欠損症とは、体内で善玉コレステロールを分泌するための酵素「LCAT」が生まれつき備わっていないために、過剰なコレステロールが体に溜まって、瞳が白く濁り、腎臓の働きが悪くなって透析に至ることがある遺伝病です。根本的な治療法がなく、これまで血しょう輸血、食事療法や薬物療法が試されてきましたが、十分な効果は得られていません。
今回の新しい遺伝子治療法は、体内から取り出した脂肪細胞にLCATを正常につくれる遺伝子を組み込み、再び体内に戻すことで、LCATが持続的に供給されるようになる、というもので、主な特徴は次のとおりです。
1. 脂肪細胞は寿命が長く、がん化しにくいため、安全性が確保できる。
2. 脂肪の移植は確立した治療法なのでリスクが少ない。
3. 自分の細胞を使うので拒絶反応が起こりにくい。
[画像1: https://prtimes.jp/i/15177/225/resize/d15177-225-337435-2.jpg ]




治療後の経過


今回LCAT欠損症の患者さんに対する投与の効果を6カ月間、観察したところ、観察した範囲では移植による安全性が確認され、またLCAT欠損によって、障害されていた脂質代謝の改善を示唆する変化が持続して観察されていることが、千葉大学の研究チーム及びデータモニタリング委員会で評価されました。


院内外のさまざまな連携による推進体制


このLCAT欠損症治療法の研究開発は、千葉大学発のバイオベンチャーであり、新規遺伝子治療・再生医療の医薬品開発を目指すセルジェンテック株式会社(横手教授との共同研究契約を締結)とともに推進しています。患者さんに移植された細胞は同社が本院の細胞調製施設を使用して調製されました。院内においても、千葉大学病院研究グループが脂肪細胞を採取・移植するなど、横断的に連携して進めています。また、本臨床研究の資金の一部は、日本医療研究開発機構(AMED)から支援を受けています。
※千葉大学病院研究グループ
糖尿病・代謝・内分泌内科,形成・美容外科,眼科,感染症内科,臨床試験部,未来開拓センターで構成
(試験実施は薬学研究院の設備も使用しています。)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング