尾家産業、シンクライアント環境のオフィス・ソフトにOpenOffice.orgを採用

PR TIMES / 2012年5月14日 18時0分



~ アシストが提供する研修とヘルプデスク・サービスで
  オフィス・ソフトのコストを抑制 ~

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、
取締役社長:大塚辰男、略記:アシスト)が提供する
OpenOffice.org※各種支援サービスが、
全社標準オフィス・ソフトとして
OpenOffice.orgを利用する尾家産業株式会社
(代表取締役社長:尾家 啓二、略記:尾家産業)に
採用されました。

 業務用食材の総合食品商社である尾家産業は、
全社基盤をシンクライアント環境へ移行するにあたって、
標準オフィス・ソフトにOpenOffice.orgを採用することを
決定しました。利用ユーザは約900名、移行による
ライセンス・コストの抑制効果は約3,000万円と
なります。

 尾家産業がOpenOffice.orgを採用したのは、
OpenOffice.orgを全社で利用する同業種の企業が
増えていたことや、事前にオフィス・ソフトの利用状況を
調査したところOpenOffice.orgで十分対応可能で
あったことが判明したためです。

 2012年3月、シンクライアント環境のリリースに
合わせてOpenOffice.orgの社内展開を開始し、
アシストの提供する
「OpenOffice.orgヘルプデスク・サービス」および
操作研修である「スタンダードコース」のほか、
「OpenOffice.org入門コース(eラーニング版)」など
各種支援サービスを利用しながら社員への
OpenOffice.org研修を行い、オフィス文書の
雛形ファイルのOpenOffice.orgの標準ファイル形式である
OpenDocument Format(ODF)への移行を進め、4月より
標準オフィス・ソフトとして利用を開始しています。

※OpenOffice.orgはオープンソースで開発され、
ソースコードが公開された、無償で自由に利用できる
オフィス・ソフトです。Microsoft Officeと高い互換性を
持ち、高機能であり、大手企業/自治体による採用実績が
あること、ファイル形式に国際標準規格(ISO26300)
および日本工業規格(JIS X4401)に登録されている
ODF(OpenDocument Format)が
採用されていることなどから注目を集めています。

----------------------------------------------------
■「OpenOffice.org/LibreOffice支援サービス」について
----------------------------------------------------

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング