大学生観光まちづくりコンテスト2014 応募開始

PR TIMES / 2014年4月23日 15時30分

今年は新たに北日本が加わり、東日本・西日本の3か所が対象 「青森県」「富士河口湖町及び笛吹市」「大阪府」を学生のアイデアで活性化

大学生観光まちづくりコンテスト運営協議会(事務局:株式会社JTBコーポレートセールス、株式会社三菱総合研究所)は、「大学生観光まちづくりコンテスト2014」を開催します。
このコンテストは2011年に東日本地域で始められ、全国の大学生が、テーマとなる地域の活性化プランを立案し、優秀な企画にはJTBグループや自治体、地域企業等が商品化やプロジェクト化を具体的に検討します。4回目を迎える今年は、対象地域を西日本ステージ、東日本ステージ、北日本ステージの3か所から選べる方法とし、いずれの地域にもエントリーを可能としました。
今年は3地域からのテーマ設定に基づく「観光まちづくりプラン」と、西日本が対象となる「協賛企業による対象地域を中心とする観光まちづくりプラン」の2大テーマで地域の課題解決を目指します。


今年度、新たに開催する北日本ステージは、新青森・新函館(仮称)間を結ぶ北海道新幹線が平成27年度末に開業予定の『青森県』(知事:三村申吾)の特別協力の下、世界自然遺産白神山地や十和田湖・奥入瀬渓流、三陸復興国立公園などを擁する「青森県全域」を対象地域としました。
昨年から2度目を迎える東日本ステージは、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖を持つ『富士河口湖町』(町長:渡邊凱保)と、今年度新たに加わった『笛吹市』(市長:倉嶋清次)の特別協力の下、雄大な富士山と全国屈指の温泉地である石和温泉を擁する「山梨県富士河口湖町及び笛吹市」を対象地域としました。
同じく2度目を迎える西日本ステージは、大阪の観光活性化を担って昨年4月に発足した『大阪観光局』(局長:加納国雄)の特別協力の下、大坂の陣400 年を迎える大阪城を擁する「大阪府全域」を対象地域としました。

2013年の訪日外客数は1,036万4千人(前年比24%増)となり、1964年に統計を開始して以降初めて1,000万人を突破しました(日本政府観光局、平成26年1月17日報道発表)。日本は国内のみならず世界中からますます注目される国となり、今後も日本各地が観光客で賑うよう、大学生による自由闊達な地域活性化プランに期待を込めます。

募集期間は4月23日(水)~6月5日(木)で、本選は、西日本ステージが9月11日(木) 大阪府庁咲洲ホール、東日本ステージが9月16日(火) 勝山ふれあいセンター さくやホール、北日本ステージが9月23日(火・祝)青森県立美術館にて行われます。優秀作品については自治体や地域企業と協力し、JTBグループの地域会社であるJTB西日本、JTB関東、JTB東北が商品化やプロジェクト化を検討します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング