『住環境教育DVD学習教材「家づくり・街づくりを考える」の制作・配布』が「第6回キッズデザイン賞」で未来を担う消費者デザイン部門の最優秀賞「消費者担当大臣賞」を受賞しました

PR TIMES / 2012年7月31日 14時16分



 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)の『住環境教育DVD学習教材「家づくり・街づくりを考える」の制作・配布』が、「第6回キッズデザイン賞」(※1)において、2012年7月31日、未来を担う消費者デザイン部門の最優秀賞である「消費者担当大臣賞」を受賞しました。
 「第6回キッズデザイン賞」では、当社の『xevo Li(ジーヴォリアン)』『agri-cube(アグリキューブ)』など5部門5作品が受賞しており、5年連続複数部門での受賞となります。
  ※1.主催は特定非営利活動法人キッズデザイン協議会、後援:経済産業省。7月13日、
    377件の応募の中から「第6回キッズデザイン賞」250点が選定され、7月31日、
    その中から各部門ごとに最優秀賞(大臣賞)、優秀賞(キッズデザイン協議会
    会長賞)、特別賞(審査委員長特別賞、TEPIA奨励賞、復興支援デザイン賞)が
    発表されました。

●『住環境教育DVD学習教材「家づくり・街づくりを考える」の制作・配布』 
 本教材は、小学校高学年から高等学校までの生徒に、家づくり・街づくりをはじめ、地球環境や社会、地域などについて興味・関心を持ってもらえるよう制作しました。
 生徒が住宅展示場や総合技術研究所、工事現場を訪問するシーンを、3つの章(家ってなんだろう?・地球にやさしい家って?・みんながイキイキ暮らせる街って?)で構成するDVD映像(約30分)にまとめました。  
 また、先生が生徒に映像を見せながら授業を進行できるよう、12パターンの指導案と解説資料を1冊のテキストにまとめています。
 本教材の普及により、持続可能で安全・安心な家づくりや街づくりを担う次世代を育成し、地域社会における多様なネットワークづくりを構築していきたいと考えます。
 本教材は、無料(送料のみ着払い)でご希望者に随時送付いたします。
   ●申込先:大和ハウス工業株式会社CSR推進部 csr@daiwahouse.jp

<審査評>『住環境教育DVD学習教材「家づくり・街づくりを考える」の制作・配布』
   総合的な住環境教育プログラムであり、家庭科、社会、総合的な学習の教材として
  学校現場での実践的学習を可能にし、住宅や街づくりという身近なテーマを通じて
  健全な消費者視点を育むアプローチを試みている点を高く評価した。
  学校、研究者、メーカー、出版社の協働によるコンテンツ制作であることも発展の
  可能性を感じさせる。

 なお、当社が参画する『こどもOSに基づくデザイン発想ツール「プレイフル・デザイン・カード」の開発と検証』(※2)が、子ども特有の行動特性や心理特性などをデザインコード化した「こどもOS」をユニークなカード形式で発想ツールに進化させた意欲的な取り組みであると認められ、子どもの未来デザイン クリエイティブ部門の審査委員長特別賞を受賞しました。
  ※2.キッズデザイン協議会会員自治体・企業の協同調査研究活動の取り組みとして受賞。
   「プレイフル・デザイン・カード」は、子どもの成長発達の過程で特徴的に見られる
   類似の行為や思考を基に、建築デザインなどの現場で活用するために開発したデザイン
   発想ツールです。

   ●ご参考:「第6回キッズデザイン賞」受賞時のニュースレター(2012年7月18日付)
         http://www.daiwahouse.co.jp/release/20120718111613.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング