トランスコスモス、沖縄コールセンター子会社が沖縄市民憲章推進協議会より表彰

PR TIMES / 2013年6月7日 13時7分

~トランスコスモスシー・アール・エム沖縄の「環境美化活動」を評価~



トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715 以下、トランスコスモス)の100%子会社で、沖縄県でコールセンターサービスを中心に展開するトランスコスモスシー・アール・エム沖縄株式会社(本社:沖縄県沖縄市、代表取締役:松原健志、以下、CRM沖縄)は、沖縄市民憲章推進協議会より、日頃の市民憲章実践活動の功績が認められ、表彰を受けました。表彰内容は「環境美化活動」です。

沖縄市民憲章は、明るく心の触れ合う住みよい街づくりを推進するため、1974年に制定されました。沖縄市民憲章推進協議会は、市当局をはじめ市内30団体で構成されており、市民憲章の5つの目標である「環境美化活動」、「社会福祉活動」、「安全対策活動」、「社会教育活動」、「文化体育活動」を基調にした市民憲章推進運動を展開しています。毎年、市民憲章推進事業への功績が認められた個人・団体が表彰されており、2012年度は25組が表彰されました。

■CRM沖縄の活動内容
NPO法人沖縄市体育協会が主催するハイビスカス植樹祭に、4年間にわたりハイビスカスの苗木代を寄付しているばかりでなく、職員自らボランティアとして同植樹祭に参加し、率先垂範の下、コザ運動公園の環境美化に献身的に活動している。

CRM沖縄は地域に根ざした企業を目指し、企業内の取り組みだけでなく、ビーチクリーンや地域の行事などにも積極的に参加しています。今後ともさまざまな社会貢献活動に取り組んでいきます。

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

(トランスコスモス株式会社について)
私たちは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より付加価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。コールセンターサービスをはじめ、ビジネスプロセスアウトソーシングサービス、デジタルマーケティングサービスなど、それぞれのサービスを単独、または融合させることで、お客様企業にマーケティングの最適化および効率化、EC・通販事業などの売上拡大や、バックオフィスや情報システム運用などの業務効率向上とコスト削減を実現する、総合的なITアウトソーシングサービスを提供しております。さらに、これらのサービスは国内だけでなく、アジアを中心に、グローバルに展開しております。私たちは高品質なアウトソーシングサービスを世界規模で提供する、お客様企業の「Global IT Partner」を目指しています。 (URL: http://www.trans-cosmos.co.jp)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング