「勝どき ザ・タワー」マンションギャラリー グランドオープン

PR TIMES / 2014年3月17日 15時15分

鹿島建設株式会社、三井不動産レジデンシャル株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、住友商事株式会社、野村不動産株式会社の5社は、中央区勝どきに誕生する国内最大級※1プロジェクト「勝どき ザ・タワー」のマンションギャラリーを平成26年3月21日(金・祝)にグランドオープンします。

本物件は昨年9月21日(土)より物件情報を公開し、8,800件※3の資料請求をいただき、また、1月31日(金)より実施している資料請求者を対象とした事前案内会では、1,200組※3のご来場をいただくなど、都心の複合大規模タワーレジデンスとして好評を博しております。
「勝どき ザ・タワー」は銀座1.7km圏※2、東京駅2.6km圏※2に位置する中央区勝どき5丁目に、 総戸数1,420戸、地上53階建の複合大規模タワーレジデンスとして誕生します。都心物件でありながら、近くには隅田川が流れ、その対岸には「新東京百 選」にも選出されている「浜離宮恩賜庭園」があり、水と緑の潤いを存分に感じることができる立地に誕生します。
このたび、グランドオープンを迎える「勝どき ザ・タワー」マンションギャラリーは3階建とし、3つのシアター・4つのモデルルーム等、大規模なマンションギャラリーとなっています。巨大ジオラマに映 像を展開するプロジェクションマッピングや業界初の2層吹抜けのホログラムシアターにおいて、都心立地・眺望の良さ・共用施設やサービスの充実等、本物件 の魅力を効果的に演出しております。

※1 マンション1棟あたりの総戸数がTHE TOKYO TOWERS MID TOWER(中央区)に次いで国内2番目(東京カンテイ調べ)
※2 銀座4丁目交差点まで直線距離で約1.7km、道路距離は約2.2km。また東京駅八重洲中央口まで直線距離で約2.6km、道路距離は約3.4km。
※3 資料請求件数、来場者数は、平成26年3月13日現在のものとなります。

1.マンションギャラリーの特徴
「勝どき ザ・タワー」のマンションギャラリーは3階建、3つのシアター・4つのモデルルーム、ゲストルームモデルルーム等で構成されています。各シアターやモデル ルームの個性を活かし、東京の魅力が結集した立地、タワーレジデンスでのライフスタイル、優れたデザインと安全性を、効果的に伝えます。

【シアターの特徴】
・シアター1 ・・・・・ 巨大ジオラマ&プロジェクションマッピングシアター
湾岸エリアから日本橋・六本木といった都心部エリアを立体的に巨大ジオラマ模型(5.4m×5.8m)で再現し、そこに躍動感ある映像を投影するプロジェクションマッピングにより、東京の将来像と都心とつながる中央区勝どきを表現しています。
・シアター2 ・・・・・ 大画面ライフスタイルシアター
東京を象徴する眺望を愉しむタワーレジデンスでの多様なライフスタイルを大画面シアター(5.5m×2.6m)にて演出します。
・シアター3 ・・・・・ 2層吹抜けのホログラムシアター
模型のような固定装置ではなく、ホログラムシアターによって立体的に角度を変えたり、アニメーションを加えて、トライスター形状が生み出す特徴的なデザインや独特の構造を視覚的に分かりやすく表現しています。
(ホログラムシート(5.6m×4.0m))

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング