「第3回TBS連ドラ・シナリオ大賞」受賞者決定!

PR TIMES / 2012年1月27日 17時28分

次世代の脚本家を発掘・育成するために始まった TBS連ドラ・シナリオ大賞。現役ドラマプロデューサー陣が審査員を務めるシナリオ大賞からは、過去第1回、第2回の受賞者・勉強会参加者から、続々とプロの脚本家が誕生している。3回目となる今回は、過去最多となる1083通の応募の中から、過去最高の5次に及ぶ厳正なる審査を経て、下記の通りの賞が決定した。

■大賞:
  門田雅史 「I Believe」

■佳作:
  村上美然 「劇団プロ野球」

■入選:石野菜美 「緑の鳥を飼ってしまった」
  土橋章宏 「緋色のアーティクル」
  福井 晋 「地平線の雨」
  船橋 勧 「ラストメモリー」
  政池洋佑 「ボーイフレンドは女々男」
  益子悦子 「Pの人」
  三好昭央 「私、ミステリーショッパーなんですけど?」
  安田浩彬 「ゆずれない思い」
  山本洋介 「還暦高校デビュー」
  (五十音順)

● 最終選考審査員
  渡辺正一
  杉浦美奈子
  鈴木早苗
  小野喜世仁
  磯山 晶
  津留正明
  石丸彰彦
  韓 哲
  武藤 淳
  中井芳彦
  前田菜穂
  橘 康仁



【大賞】「I Believe」
法学部の同じゼミで学ぶ5人の大学生が教授の下、冤罪事件を研究~解決し、無実の罪の容疑者の冤罪を晴らしていく、という青春群像作品。主人公の父親は殺人罪で無期懲役。その冤罪を晴らそうと、法学部で学ぶ。毎回の事件と共に、父の事件の真相が、ゼミの教授の妻殺しの真犯人探しと絡んでいく縦軸のストーリーも進んでいく。

【佳作】「劇団プロ野球」
無実の八百長疑惑で球界を追放された元プロ野球投手の主人公が始めたバイト「愚痴聞き屋」で、自らが知る選手たちの人間ドラマが悩める者たちに希望を与えるという経験をする。「もう一度、野球で人々に笑顔を!」そう決意した主人公が同じ元プロ選手たちと、人間ドラマを織り交ぜて野球をショーとして見せる「劇団プロ野球」を旗揚げする、人生再生ストーリー。



このたび、「第3回連ドラシナリオ大賞」の授賞式が、東京・赤坂のTBS放送センター内で行われた。受賞者は集まった報道陣、審査員を前に、下記のコメントを述べた。

【大賞受賞 門田雅史さんのコメント】
私が「連ドラの脚本を書きたい」「プロの脚本家になりたい」と思いシナリオを書き始めたのは、33歳の時でした。最初の1、2年は、コンクールに応募しても鳴かず飛ばずで、「やっぱり無謀な挑戦だったんじゃないか」「30歳を過ぎてプロの脚本家になろうなんて間違いだったのでは」と心が折れそうになったこともありましたが、思い返せばそんな自分の支えとなったのは「何が何でも脚本家になるんだ!」「連ドラのシナリオを書きたいんだ!」という強い思い、そして(自分と同じように)30代後半で脚本家を志し成功を収められている内館牧子さんの存在でした。
これからは自分自身に勝つことが、プロの脚本家として長く活躍し続けるコツなのではないかと感じています。応募作「I Believe」では、冤罪の人たちを救う大学生4人の話を描きました。非常に気に入っている作品なので、ぜひ映像化していただきたいと願っています。

【佳作受賞 村上美然さんのコメント】
このたびは、選んでいただきありがとうございました。本当に光栄です。
実は、長編を手掛けたのも、コンクールに参加させていただいたのも今回のシナリオ大賞が初めてなので、佳作受賞の知らせを受け、非常に驚きました。自分でも、自分自身の持つ力は「まだまだ未知数だな」と感じています。これから精進していきたいと思いますので、このご縁をきっかけにいい仕事ができたらすごく嬉しいです。できるなら、人生を棒に振るような仕事がしたいと思いますので(笑)、今後ともよろしくお願い致します。

【審査員代表 渡辺正一ドラマ制作部長】
入選された皆様、本当におめでとうございます。
今回のシナリオ大賞に応募いただいた作品の傾向としましては、題材も偏ることなく多岐に渡っており、テレビ・ドラマ化に適した質の高い作品が非常に多かったなという印象です。受賞者の皆様におかれましては、今後、現役プロデューサーとの勉強会に参加していただく予定ですが、そこでさらに実力を伸ばしていただいて、新たなドラマをぜひ一緒に作っていけたらと思っています。
第3回の受賞者たちの今後の活躍に、どうぞご注目ください。

なお、第1回、第2回の「連ドラシナリオ大賞」応募者の中から選ばれ「勉強会」に参加し脚本家デビューした人も多く、2009年のシナリオ大賞創設時の目標である「賞を与えてそれで終わりにしない」の通り、ドラマ制作現場の即戦力となっている。今回のシナリオ大賞も大賞受賞者・佳作受賞者だけでなく、最終選考に残った応募者全員が「入賞者」として、今後開かれる勉強会に参加。これからのドラマを担ってもらうためにTBSが様々な形でサポートしていく。
受賞者たちの今後の活躍に、ご注目ください。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング