キング・オブ・コースターFUJIYAMAに鏡面ボディの新車両「フジヤマ鏡子」出現!!

PR TIMES / 2013年4月10日 9時36分

4/13(土)オープニングには鏡に映したような2人組「ザ・たっち」が登場!



 富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)では、平成25年4月13日、「キング・オブ・コースター

FUJIYAMA(フジヤマ)」に鏡面ボディの新車両『フジヤマ鏡子(きょうこ)』が登場致します。

 『フジヤマ鏡子』は、総工費1億2000万円をかけ、特殊鏡面素材を用いてボディ全体を

覆った新車両です。巻き上げ時には真上に広がる青い空を、滑走時には高速で流れる景色を映し

出すこの鏡面ボディは、「FUJIYAMA」の持つ“スリルと爽快感“を最大限に発揮することができる

のです。また、夜はコースに張られたイルミネーションを美しく照り返し、幻想的な体験をお楽

しみいただけます。

 「FUJIYAMA」は、1996年の開業以来、金箔車両の「フジヤマ金太郎」(2002年)、銀箔

車両の「フジヤマ銀次」(2003年)をはじめ、インパクトのある車両を次々と導入し、話題を提供

して参りました。今回登場する『フジヤマ鏡子』は、「フジヤマ3兄妹」の末っ子。気まぐれ娘の

ようにキラキラと表情を変えながら滑走します。

 

 オープン日の4月13日(土)には、「フジヤマ鏡子」のデビューを記念して、FUJI-Q絶叫大使であり、
まるで“鏡”に映したような2人組“ザ・たっち”のお2人が登場します。
 是非とも、鏡面ボディの新車両「フジヤマ鏡子」にご期待下さい。


『フジヤマ鏡子』 概要
■運行開始: 平成25年4月13日(土)
■総工費: 約1億2000万円
■特徴: 特殊鏡面シートで覆ったボディ。

【キング・オプ・コースター FUJIYAMAについて】
■コースターの歴史を変えた 「FUJIYAMA」
ループやスクリューといった“回転”が全盛であった1996年、コースターの原点である

「明るく楽しいスリル」と「コースターの醍醐味」をたっぷり楽しめるレイアウトを

追求し、30億円をかけて、宙返りのない王道の大型コースター「FUJIYAMA」は誕生

しました。
 開業当時、最高速度130km/h、最大落差70m、最高部79m、巻き上げ長さ71.5mと、4

つのギネス世界記録に認定。以降日本に登場するコースターの主流を、“回転”から
“アップダウンの緩急とスピード”へと変えていった今でも世界最高
クラスのスペックを誇るキング・オブ・コースターです。


 ■キング・オブ・コースター「FUJIYAMA」の挑戦
「FUJIYAMA」は、1996年の開業以来、「フジヤマ金太郎」「フジヤマ銀次」といった

様々特殊車両を導入してきました。

・フジヤマ金太郎(2002年登場)
ボディを金箔3kgで覆った車両。総工費1億5000万円。
※2009年に車両更新しています。
 
・フジヤマ銀次(2003年登場)
ボディを銀箔1kgで覆った車両。総工費1億円。
※2009年に車両更新しています。

※他にも、氣志團とコラボレーションした「フジヤマ氣志團號」
なども登場しました。


■スペック
全長 : 2,045m
最高部 : 79m
最高速度 : 130km/h
最大落差 : 70m
巻き上げ高さ : 71.5m
定員 : 28名
料金 : 1,000円(フリーパス利用可)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング