第4回日本山岳遺産サミットを開催 全国4箇所の日本山岳遺産認定地を発表

PR TIMES / 2013年11月1日 12時39分



インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)と、同社が2010年に設立した日本山岳遺産基金では、10月23日(水)に「第4回日本山岳遺産サミット」を開催し、2013年度の日本山岳遺産認定地を発表しました。


■第4回日本山岳遺産サミット開催

日本山岳遺産基金は、10月23日(水)に時事通信ホール(東京都中央区)にて、「第4回日本山岳遺産サミット」を開催しました。
第1部では、日本山岳遺産基金の2013年度の活動報告と、本年度の日本山岳遺産認定地を4箇所発表し、認定団体の代表者による活動紹介を行いました。
第2部では、登山家の田部井淳子さんによる「東北の高校生と日本一の富士山に登って」と題された特別講演を行いました。


写真=登山家・田部井淳子さんを中心に、アドバイザリーボード、認定団体代表者と基金役員


■日本山岳遺産とは

日本山岳遺産基金が、地域の自薦に基づいて、当基金アドバイザリーボードの意見を参考に認定するもの。これまでに、夕張岳(北海道)、七時雨山(岩手県)、臥龍山(広島県)など全9箇所を認定しました。
*日本山岳遺産基金アドバイザリーボード:田中文男(日本山岳協会顧問)、西本武志(日本勤労者山岳連盟会長)、山川陽一(日本山岳会)、野口健(アルピニスト)


■日本山岳遺産認定地と認定団体

2013年度の日本山岳遺産認定地と認定団体は以下の通り。

本年度は計15団体からの申請があり、アドバイザリーボードの助言のもとで、事務局で検討した結果、以下の4箇所となりました。各認定団体には、本年度中に基金事務局と調整のうえ、助成金を拠出します。併せて山と溪谷社の媒体を活用した広報支援を行う予定となっています。


認定地:アポイ岳(北海道)
認定団体:アポイ岳ファンクラブ

山の概要: 
アポイ岳(810m)は北海道日高山脈最南部に位置し、低標高ながら、かんらん岩からなるその特殊な地質、気象条件により高山帯の景観が広がる山です。
生物の種類が豊かで、ヒダカソウやアポイマイマイなどの固有生物、エゾナキウサギなど多くの貴重な生物が生息しています。稜線の高山植物群落と幌満ゴヨウマツの自生地は、国の天然記念物に指定されています。
また田中澄江著『花の百名山』に選ばれており、5月下旬から10月までの花のシーズンには、多くの登山者が訪れます。
近年、地球温暖化に伴う気候変動やエゾシカの増加などにより、アポイ岳の植生が大きく変化しています。特にエゾシカの食害は著しく、その対策が急務となっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング