「太らないためのバーベキューの食べ方と食材の選び方」microdiet.netレポート

PR TIMES / 2014年4月17日 9時44分

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート「太らないためのバーベキューの食べ方と食材の選び方」を公開致しました。

http://microdiet.net/diet/000413.html



気持ちの良い屋外で、大人も子供も大勢でワイワイ楽しめるバーベキューは、心にとっても非常に良いものです。ですが量を食べ過ぎてしまうパターンが非常に多いのが厄介なところ。それほど食べたい訳でもないのになんとなく食べたり、勧められるがままに口にしていては、すぐさまカロリーオーバーしてしまいます。そこで、バーベキューの太らないためのポイントをご紹介いたします。

【1】まずは野菜から食べる

最初から肉を食べ始めるのではなく、野菜から食べ始めるようにしましょう。じゃがいもやとうもろこしなど糖質の高い野菜よりも、玉ねぎ、ピーマン、キャベツ、アスパラガス、きのこ類などから食べ始めましょう。食物繊維が豊富ですので、余計な脂質や糖質の吸収を抑える働きや、血糖値を急上昇させない働きがあります。


【2】お肉は牛肉よりも鶏肉を選ぶ

肉を食べるなら牛肉よりも焼き鳥がオススメです。カロリーは部位によって異なりますが、だいたい半分ほどと言って良いでしょう。肉は脂身の多い部位ほどカロリーは高くなりますので、牛肉を食べるなら和牛よりも輸入牛、霜降りよりも赤身のモモ肉にしましょう。
また、ホタテやエビなど魚介類も揃えれば、肉ばかりを食べ過ぎることはありません。


【3】タレのカロリーが侮れない!

焼き肉のタレは大さじ1杯でおよそ30~35kcal。食べるごとに具材そのもののカロリー+タレのカロリーがどんどん加算されてしまうので、なるべくタレ以外の味付けにしたほうがベター。焼き鳥にしても、タレよりも塩のほうがもちろん低カロリーで、タレは塩の+8kcalほどと覚えておきましょう。


詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
「太らないためのバーベキューの食べ方と食材の選び方」をご参照ください。
http://microdiet.net/diet/000413.html


■microdiet.netとは

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング