EVERLEDS「LED防犯灯 アカルミナ」蛍光灯20形相当タイプ(10VA対応)の価格を改定

PR TIMES / 2012年6月11日 14時0分



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、EVERLEDS「LED防犯灯 アカルミナ」蛍光灯20形相当タイプ(10VA対応)2品番の価格を2012年7月1日より改定、希望小売価格を従来価格より約2割下げて、よりお求めやすい価格にて販売します。

-関連URL-
▼LED防犯灯 アカルミナ
http://www2.panasonic.biz/es/everleds/lineup/outdoor/security/02.html
▼LED照明エバーレッズシリーズサイト
http://www2.panasonic.biz/es/everleds/

昨今の電力需給逼迫の見込みにより、LED防犯灯の導入が増加しています。特に昨年12月に制定された新電気料金区分「10VA※1」(全国10電力会社で導入)に適合する蛍光灯20形相当器具は、電気料金も安価になることから普及の加速が見込まれています。そこで、パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は同タイプの価格を改定することで、今夏の節電への貢献を目指します。

「LED防犯灯アカルミナ」は、夜間の人間の目の感度特性に着目して開発、短波長成分を多く含む光により、照度以上に明るく見える防犯灯です。夜間の生活道路において歩行者の視環境を改善しています。同製品(NNY20430LE1 他全6機種)は、平成23年度省エネ大賞 製品・ビジネスモデル部門で、省エネルギーセンター会長賞を受賞し、高い省エネ性、省資源性などが高く評価されています。

今回価格改定する蛍光灯20形相当タイプの消費電力は8.4Wで、市場で多く使用されているパナソニック株式会社 エコソリューションズ社現行品蛍光灯20形防犯灯と同等の照度を確保。消費電力は約6割減で、節電・ランニングコスト低減に貢献します。光源も、6万時間と長寿命です。
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、道路の端や周辺も明るく、節電と明るいまちづくりに貢献します。

<希望小売価格改定実施日> 
2012年7月1日

<希望小売価格改定詳細> ※カッコ内は税抜。
■ 自動点滅器なしタイプ【NNY20430LE1】
・従来価格  18,900円(18,000円)
・改定後価格 15,225円(14,500円)
・引下率   約2割

■ 自動点滅器内蔵タイプ【NNY20432LE1】
・従来価格  23,100円(22,000円)
・改定後価格 17,850円(17,000円)
・引下率   約2割

<平成23年度省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)について>
省エネ大賞は、国内の産業・業務・運輸部門に属する企業、工場、事業場等の省エネルギーを推進している事業者及び省エネルギー性に優れた製品を開発した事業者の活動を発表大会で広く共有するとともに、優れた取り組みを行っている事業者を表彰することにより、省エネルギー意識の浸透、省エネルギー製品の普及促進、省エネルギー産業の発展及び省エネルギー型社会の構築に寄与することを目的としたものです。
照明器具「LED防犯灯アカルミナ」は、下記の内容により省エネルギーセンター会長賞を受賞しました。

【受賞内容】
本製品は、防犯灯のLED化に加え、薄明視の環境下で人の目の感度が短波長側(507nm)に
シフトするプルキンエ現象(※2)を応用し、この波長を多く含む光とすることで高い省エネ性を達成するとともに、6万時間の長寿命化や39%軽量化(FL20形蛍光管比)による省資源化を実現。また防犯灯という設置台数の多さや夜間長時間使用などの市場性も高く、導入普及による大幅な省エネ効果が期待される。

■ 品  番:NNY20430LE1他全6機種
■ 環境性能:省エネルギー率 62%(蛍光灯20形相当)、53%(コンパクト蛍光灯32形相当)、79%(水銀灯100形相当)

※1:公衆街路灯の電気料金区分において
※2:プルキンエ現象(Purkinje phenomenon)とは、明所視から薄明視または暗所視へ経過すると、人の目の明るさへの感度特性(視感度)が短波長側に移動しつつ上昇する現象 プルキンエとは19世紀のチェコの生理学者の名前

【お問い合わせ先】
報道関係者様:エコソリューションズ社 大阪広報チーム 勝川 電話:06-6909-7187(直通) 
お客様:お客様ご相談センター フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時~20時)
    エコソリューションズ社代表 06-6908-1131(受付8:45~17:30)
    エコソリューションズ社 ライティング事業グループ 施設・店舗照明BU 営業推進グループ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング