1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

NTT西日本故障受付「Web113」におけるカスタマーセルフ機能の提供について

PR TIMES / 2021年7月6日 17時45分

西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)は、NTT西日本故障受付「Web113」について、お客さま毎にフレッツ光回線の故障状況を自動診断し、解決方法をご案内する機能を新たに提供いたします。



1. 背景・目的
従来の電話による故障に関するお問い合わせは、災害等が発生すると、コールセンターへの受付が集中し、お客さまのフレッツ光回線状況の確認にお時間を要する場合があります。また、近年、働き方改革やテレワークの急速な普及により、時間の有効活用が注目されており、サービス等のお問い合わせについては、昼夜を問わず場所も選ばないWebサイトの利用がスタンダードになりつつあります。
こうした社会の変化を踏まえ、お客さまの利便性向上を図るため、このたび「Web113」において、お客さまご自身で24時間365日いつでもフレッツ光回線の故障状況を自動診断できる「カスタマーセルフ機能」の提供を開始することとなりました。

2. カスタマーセルフ機能の特徴
(1)NTT西日本からお客さま宅までのフレッツ光回線の通信状況に関する自動診断
NTT西日本通信ビルからお客さま宅設置のNTT西日本レンタル機器までの通信状況を自動で診断し、トラブル発生個所をお客さまへお知らせできるようになりました。

(2)解決方法を動画で詳しく解説
お客さまご自身で解決できるトラブルについては、解決方法の手順をまとめた動画をご用意しております。
※なお、上記方法で回復しない場合は、オペレーターからお客さまご自身で交換いただける代替機器の配送や訪問修理のご案内となりますが、更なる利便性向上として、これらのご案内をWeb上で行うことができる機能を新たに追加する予定です。(2021年 秋口提供予定)

<提供イメージ>
[画像: https://prtimes.jp/i/32702/238/resize/d32702-238-e31b76f6d24401ff64c4-0.png ]


3. 提供開始日
2021年7月7日(水)

4. カスタマーセルフ機能の利用URL
NTT西日本ホームページ「設定・トラブルサポートWeb 113」
https://www.ntt-west.co.jp/trouble/

5. 対象回線
以下のフレッツ光回線をご利用の方が対象となります。
・フレッツ 光クロス
・フレッツ 光ネクスト
・フレッツ 光ライト

6. ブラウザの推奨環境
パソコンにおけるOS別推奨ブラウザ
・Windowsの場合
Microsoft Edge、Google Chrome、Firefoxの各公式最新バージョン
・macOSの場合
Safariの公式最新バージョン
スマートフォンにおけるOS別推奨ブラウザ
・Androidの場合
標準ブラウザ、Google Chromeの各公式最新バージョン
・iOSの場合
Safariの公式最新バージョン

※記載の商品・サービス名称は各社・団体の商標または登録商標です

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング