業界初(※1)プラズマクラスター技術がペット皮膚病原因菌に抑制効果を発揮することを実証

PR TIMES / 2018年9月20日 12時1分

シャープは、国内で初めて「国際専門医協会」よりアジア獣医皮膚科専門医として承認された東京農工大学 岩崎利郎名誉教授監修の下、プラズマクラスター技術が一般家庭で飼育される犬や猫の皮膚病原因菌のうち、多くの抗生物質が効かない多剤耐性菌と、ヒトと動物の双方に感染する病原菌などに対し、99%以上抑制することを実証しました(※2)。

ペットは様々な病気を発症しますが、犬や猫の病気では皮膚病の割合が非常に多く、犬の場合は皮膚と耳の病気が疾患の第1位(23.7%)と第2位(17.1%)を占めています(※3)。当社はこれまで、プラズマクラスターによる浮遊ネココロナウイルスの抑制効果(※4)や浮遊イヌパルボウイルスの感染力抑制効果(※5)、マウスを用いたアトピー性皮膚炎の抑制効果(※6)を実証していますが、今回新たに「多剤耐性菌」と「人獣共通皮膚糸状菌症」の原因菌を含むペットの皮膚病原因菌(犬の細菌性膿皮症、外耳炎、皮膚糸状菌症の原因菌)に対しても抑制効果があることを実証しました。

当社は、2000年よりプラズマクラスター技術の効果を世界の第3者試験機関と共同で実証するアカデミックマーケティング(※7)を進め、これまで複数の第3者試験機関で「新型インフルエンザウイルス」「ダニアレルゲン」などの有害物質の作用抑制や、結核病院での結核感染リスク低減効果(※8)などの臨床効果を実証。併せて、プラズマクラスターの安全性についても確認(※9)してまいりました。今後も、プラズマクラスター技術によるさまざまな実証を進め、社会に貢献してまいります。

<犬の細菌性膿皮症>
夜眠れないほどの強い痒みや痛み、脱毛を伴う。多剤耐性菌が原因の場合、薬剤での治療が難しい。

<外耳炎>
外耳道(耳の穴から鼓膜まで)に炎症が発生し、痒みと痛みがあり悪臭を放つ場合もある。細菌感染が主な原因の一つ。

<皮膚糸状菌症>
顔や耳、四肢などに円形に近い形の脱毛ができ、その周りにフケやかさぶたが見られ、痒みを伴うことも多い。

※1 イオンによる犬の細菌性膿皮症多剤耐性菌と皮膚糸状菌症原因菌を含むペット皮膚病原因菌に対する抑制効果を検証した試験。(2018年9月20日発表、当社調べ)
※2 ペットの皮膚病原因菌試験装置(直径22.0cm×高さ50.0cmの円筒容器の実験機)において、空間平均イオン濃度約200万個/立方センチメートル。
※3 出典:「アニコムどうぶつ白書2017」より。犬の疾患の請求割合における、皮膚疾患および耳の疾患の割合。
※4 2004年7月27日発表。プラズマクラスター技術による浮遊ネココロナウイルスを99.7%以上不活化することを実証。
※5 2010年11月5日発表。高濃度プラズマクラスターイオンによる浮遊イヌパルボウイルス感染力抑制効果を実証。
※6 2010年11月17日公開。Plasma cluster ions decrease the antigenicity of mite allergens and suppress atopic dermatitis in NC/Nga mice
※7 技術の効能について、先端の学術研究機関と共同で科学的データを検証し、それをもとに商品化を進めるマーケティング手法。
※8 2016年9月8日発表。プラズマクラスター技術による結核病院での結核感染リスク低減効果を実証。
※9 (株)LSIメディエンスにて試験。(吸入毒性試験、眼/皮膚の刺激性・腐食性試験、催奇性試験、二世代繁殖毒性試験)
* プラズマクラスターロゴおよびプラズマクラスター、Plasmaclusterは、シャープ株式会社の登録商標です。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、 報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、 内容が変更になっている可能性がありますので、 あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/180920-a.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/180920-a.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング