BSIジャパン、 OHSAS 18001(労働安全衛生マネジメントシステム)のISO化に対応した ISO 45001委員会原案(CD)の解説セミナーを初開催

PR TIMES / 2014年8月22日 13時43分

~労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格が2016年に発行予定~

 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長 竹尾 直章、以下 BSIジャパン)は、ISO 45001の最新情報を提供する「ISO/CD 45001 労働安全衛生マネジメントシステム最新解説セミナー」を開催いたします。

 全世界で90,000件以上の認証件数のある労働安全衛生マネジメントシステム OHSAS 18001が、BSI(英国規格協会)の提案により、2016年に国際規格 ISO 45001として発行される予定です。それにさきがけ、今年の2014年7月に、この委員会原案(CD)が発行されたことを受け、他社よりいち早く解説セミナーを実施することになりました。

 ISO 45001の策定においては、ISOの他の規格との共通性を高めるために、「ISO/IEC専門業務用指針」の附属書SLに基づいて進められます。このことにより、これまでのOHSAS 18001の箇条構成は大幅に変更されます。

 BSIジャパンでは、「ISO/CD 45001 労働安全衛生マネジメントシステム最新解説セミナー」にて、この附属書SLの説明を含むISO/CD 45001の最新情報を経験豊富なBSIジャパンの主任審査員が分かりやすく説明いたします。

●「ISO/CD 45001 労働安全衛生マネジメントシステム最新解説セミナー」
【開催日/時間】 10月16日(木)9:30 ~17:30
【会場】    東京 BSIグループジャパン株式会社 本社 青山ビル5階※
【受講料】 30,000円(税抜 / お一人様)
【詳細・申込】 http://www.bsigroup.com/ja-JP/OHSAS18001/training/1day/
※申込者数により、会場は変更となる可能性がございます。

■BSI(英国規格協会)とBSIグループジャパン株式会社について
BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、そして、ISOの設立メンバーとして活動する、規格策定のプロフェッショナルである。現在、150カ国で64,000組織以上のお客様の活動に貢献している。BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO9001(品質マネジメントシステム)、ISO14001(環境マネジメントシステム)、ISO/IEC 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)などのISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇る。
BSIグループジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人である。マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供している。マネジメントシステムの認証サービスに関しては、国内に60社以上ある審査機関の中で、最も多くの規格の認証サービスを提供している審査機関の一つであり、数多くの規格の認証件数において国内No.1の実績を誇る、業界をリードする審査機関である。
URL: http://www.bsigroup.com/ja-JP/

■ お客様からのお問い合わせ先
BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会) 教育事業本部
東京都港区北青山2-12-28 青山ビル5階
TEL: 03-6890-1175 FAX: 03-6890-1181
Email: Japan.Training@bsigroup.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング