心をひとつに、“音”でつながる、最高の音楽の祭典!待望のアーティスト 第2弾発表!『BLAZE UP NAGASAKI 2019 in HUIS TEN BOSCH』

PR TIMES / 2019年3月18日 12時40分

2019年6月8日(土)開催



[画像1: https://prtimes.jp/i/23462/240/resize/d23462-240-225006-3.jpg ]

ハウステンボスでは、2019年6月8日(土)に人気ロックバンド10組が顔をそろえる『BLAZE UP NAGASAKI 2019 in HUIS TEN BOSCH』を開催いたします。今回は、既報の第1弾アーティスト、SHANK、BRAHMAN 、HEY-SMITH、SiM、04 Limited Sazabysに加え、待望の第2弾アーティストとして、Crossfaith、dustbox、ENTH、G-FREAK FACTORY、四星球の5組を発表。計10組のアーティストたちが、今年も圧巻のパフォーマンスを披露し、会場を盛り上げます。『BLAZE UP NAGASAKI』は、地元バンドSHANKの主催ライブイベントで、SHANKらしさと、長崎の特色を生かした「音楽で一つになる」イベントで地域の活性化を目指します。
チケットは、ライブとハウステンボス入場がセットになった当日専用チケットも絶賛発売中。チケット情報を含めた詳しい内容は、イベント公式WEBサイトで随時発表です。個性派アーティストたちが一斉に集うハウステンボスへぜひお越しください。
◎イベント公式サイト  http://www.blazeupnagasaki.net/

◆BLAZE UP NAGASAKIを盛り上げる、注目の第2弾アーティスト 5組を発表!◆


■Crossfaith

[画像2: https://prtimes.jp/i/23462/240/resize/d23462-240-194749-6.jpg ]

大阪出身5人組ロックバンド。
ロックとエレクトロの2つの世界を融合させた音を武器にワールドワイドな活動を行う。
世界各国のフェスへ出演しメインステージでのアクトを務め、ヘッドライナーツアーを行うなどといった日本人アーティストとして前例のない偉業を果たしロック史に新たな歴史を刻んだ。
2018年に3年振りとなる原点凌駕のセルフプロデュースアルバム「EX_MACHINA」をリリース。同作を従え、世界40カ国100公演に及ぶWORLD TOURを敢行中である。

■dustbox
[画像3: https://prtimes.jp/i/23462/240/resize/d23462-240-525081-17.jpg ]

1999年、埼玉で結成、ライブ活動を開始。
コンスタントな作品リリースと全国ツアーでの実績を重ね、ライブの動員は着実に増加。2010年、東京・新木場STUDIO COASTでの結成10周年ワンマンライブを成功させている。2014年には結成15周年ワンマンを東京晴海旅客ターミナル特設ステージにて行う。メロディックバンドでありながら、数々の大型FESへも積極的に参加し、幅広いROCKファンからの支持を得ている。2015年メンバーチェンジをしSUGA(Vo,Gt)、JOJI(Ba,Vo)、新ドラマー、YU-KI(Dr)で精力的に活動中。

■ENTH
[画像4: https://prtimes.jp/i/23462/240/resize/d23462-240-634330-9.jpg ]

名古屋発ネオメロディック最前線。
メロディックパンクを基軸にしながらも、ジャンルという言葉の枠に一切囚われないハイブリットなミクスチャーサウンドを作り出す Vo&Ba daiponの一癖も二癖も有る作曲センス・観るものの心を摑み取る圧倒的なライブパフォーマンスがリスナーは勿論、様々なアーティスト・各関係者まで幅広く支持されている。
どこかで聴いたような量産型音楽とは一線を画す、唯一無二のネオメロディックが新たなストリームを巻き起こす。

■G-FREAK FACTORY
[画像5: https://prtimes.jp/i/23462/240/resize/d23462-240-950182-14.jpg ]

1997年地元群馬にて結成。
デビュー前にもかかわらずKottonmouth KingsやBAD BRAINSの来日公演のサポートアクトに抜擢され、その存在をシーンに決定づけた。結成当初はミクスチャーサウンドだったが、その後レゲエサウンドを基軸に、ロック、ダブを取り入れたサウンド「DREAD ROCK」を日本で初めて形にして衝撃を与える。2012年9月に「GUNMA ROCK FESTIVAL 2012」をグリーンドーム前橋で開催し、ソールドアウトし大成功をおさめる。
その後2013年、2014年と2年連続で開催するも、2015年は諸事情により開催が見送られた。名称を「GUNMA ROCK FESTIVAL」から「山人音楽祭」と変え、2016年、2017年とヤマダグリーンドーム前橋にて開催。2年連続で完全ソールドアウトさせる!
昨年、「“カモメトサカナ”TOUR 2018」を開催しファイナルはキャリア史上初となる日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブを行い、2018年9月22日(土)、23日(日)「山人音楽祭2018」は初の2日間開催して大成功をおさめた。

■四星球
[画像6: https://prtimes.jp/i/23462/240/resize/d23462-240-925339-18.jpg ]

2002年、北島康雄とU太を中心に鳴門教育大学の音楽サークルで結成、2009年、現在のメンバーとなる。まるで運動会のような型破りのライブパフォーマンスに加え、森羅万象の「あるあるネタ」をロックに昇華させた"泣けるコミックソング"が注目され、2008年より四国最大のロックフェスMONSTER baSHへ出演を重ねるようになる。バンドのキャリアやセールスに関係なく、ただステージ上の実力だけが問われる群雄割拠のロックシーンに“笑い”という切り札で旋風をおこし、シーンの猛者たちをも虜にしてしまうコミックバンド・四星球。結成15周年を迎えた2017年、アルバム「メジャーデビューというボケ」でついにメジャーデビューを果たし、結成17周年を迎えた2019年メジャー1stオリジナルフルアルバム「SWEAT 17 BLUES」を発売。

◆第1弾発表アーティスト◆

[画像7: https://prtimes.jp/i/23462/240/resize/d23462-240-886460-8.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/23462/240/resize/d23462-240-881553-16.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/23462/240/resize/d23462-240-857868-11.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/23462/240/resize/d23462-240-989062-15.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/23462/240/resize/d23462-240-149584-19.png ]


公演概要
■公演タイトル:BLAZE UP NAGASAKI 2019 in HUIS TEN BOSCH
■公演日:2019年6月8日(土)
■時間:開場9:00 / 開演11:00 / 終演20:00 (予定)
■出演者情報:SHANK、BRAHMAN、Crossfaith、dustbox、ENTH、G-FREAK FACTORY、HEY-SMITH、SiM、04 Limited Sazabys、四星球 (※順不同)
■会場:ハウステンボス 第一駐車場特設ステージ
■チケット料金:
◎ハウステンボス入場券付チケット
 ¥13,500(税込) ※ライブチケット+ハウステンボス1DAYパスポート <定価¥7,000>
◎ライブチケット単独≪ハウステンボス入場券無し≫
 ¥7,500(税込) ※ハウステンボス入場をしない、ライブのみ参加の方
◎ペア特別割引チケット≪ハウステンボス入場券無し≫
 ¥12,000(税込) ※ハウステンボス入場をしない、ライブのみ参加の方
※本券1枚で2名まで入場可
※限定チケットの為、枚数に限りがございます。
■プレイガイド先行情報
◎ローソンチケット: https://l-tike.com/blazeupnagasaki
 受付期間:3/18(月)12:00~3/24(日)23:00
◎チケットぴあ: http://w.pia.jp/t/blazeupnagasaki/
 受付期間:3/18(月)12:00~3/27(水)11:00
◎イープラス: https://eplus.jp/blazeup19_pre/
 受付期間:3/18(月)12:00~4/7(日)23:59
◎Yahoo!チケット: http://r.y-tickets.jp/blazeupnagasaki2019
 受付期間:3/18(月)15:00~3/31(日)23:59
■チケットに関するお問い合わせ:
キョードー西日本 0570-09-2424(平日・土曜 11:00-17:00)
■会場に関するお問い合わせ:
ハウステンボス総合案内ナビダイヤル 0570-064-110
■詳細:ハウステンボス公式WEBサイトにて発表
◎イベント公式サイト  http://www.blazeupnagasaki.net/
◎ハウステンボス公式サイト  http://www.huistenbosch.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング