クリープハイプ 、TikTok LIVE秋の歌うまチャレンジ「あのバンドもいい波に乗ってTikTokでバズった瞬間にあのバンドは終わった だってあたしのこの気持ちは絶対15秒に分割できないし」生配信

PR TIMES / 2020年10月9日 20時45分



[画像1: https://prtimes.jp/i/30435/241/resize/d30435-241-550739-0.jpg ]


ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、本日10月9日より「#秋の歌うま」チャレンジを開催いたします。

「#歌うま」はTikTokで季節ごとに開催される定番ハッシュタグチャレンジで、ユーザーが弾き語りやアカペラ歌唱のショート動画を投稿する企画です。総視聴回数はすでに30億回を突破し、過去にE-girlsやNovelbright、
川谷絵音やスキマスイッチら豪華アーティストがサポートしてきた企画としても人気を集めています。

今回の「#秋の歌うま」は、TikTokでも数多くの楽曲が弾き語りでカバーされているクリープハイプがアンバサダーアーティストに決定しました。本日開設されたアーティスト公式TikTokアカウントから、早速お手本となる弾き語り動画が投稿されています。

10/24(土)21:00にはTikTok LIVEにて「クリープハイプ | TikTok 秋の歌うまチャレンジ あのバンドもいい波に乗って TikTokでバズった瞬間にあのバンドは終わった だってあたしのこの気持ちは絶対 15秒に分割できないし」の生配信も決定しており、「#秋の歌うま」チャレンジに置いてクリープハイプの楽曲を歌ったユーザー動画の中から、メンバーが選んだ優秀動画と"一番クセが強い歌うま動画"が発表される予定です。"優秀投稿賞"、"クセ歌賞"に見事選ばれたユーザーにはオリジナルグッズが贈呈されます。

動画投稿での盛り上がりがバイラルチャートにも反映され、回を追うごとに注目度が増しているTikTokの「#歌うま」チャレンジを通して、今回も秋を彩るたくさんの歌動画の投稿が期待されます。

#秋の歌うま チャレンジ特設ページ:
https://activity.tiktok.com/magic/page/ejs/5f7e92064c501002d256787c?appType=aweme

クリープハイプ 公式TikTok:
https://www.tiktok.com/@creephyp.official

[画像2: https://prtimes.jp/i/30435/241/resize/d30435-241-327576-1.jpg ]


【LIVE配信】
「クリープハイプ | TikTok 秋の歌うまチャレンジ あのバンドもいい波に乗って TikTokでバズった瞬間にあのバンドは終わった だってあたしのこの気持ちは絶対 15秒に分割できないし」
配信日時:2020年10月24日(土)21:00
視聴方法:クリープハイプ TikTok公式アカウントからご視聴いただけます。 ※PCからの視聴はできません。

【クリープハイプ】
尾崎世界観(Vo/Gt)、小川幸慈(Gt)、長谷川カオナシ(Ba)、小泉拓(Dr)からなる4人組ロックバンド。2012年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。2014年には日本武道館2days公演を行うなど、シーンを牽引する存在に。2018年の5月11日には約4年ぶりとなる2度目の日本武道館公演「クリープハイプのすべて」を開催。同年、9月に5thオリジナルAL『泣きたくなるほど嬉しい日々に』を発売。

■クリープハイプ公式サイト: http://www.creephyp.com/
■クリープハイプYouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UC9qzBf1wP4tGot4qi__1B_g?sub_confirmation=1
■Twitter: https://twitter.com/creephyp
■Facebook: https://www.facebook.com/143303469088825/
■Instagram: https://www.instagram.com/creep_hyp/
■LINE: https://line.me/R/ti/p/@creephyp

【TikTokについて】
TikTokは、モバイル向けのショートムービープラットフォームです。私たちのミッションは、創造性を刺激し、喜びをもたらすことです。TikTokには、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、ドバイ、ムンバイ、シンガポール、ジャカルタ、ソウル、東京などの国と地域にグローバルオフィスがあります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング