【プレスリリース】サッカー・スペイン代表 セルヒオ・ラモス選手 ユニセフ親善大使に

PR TIMES / 2014年6月11日 14時29分



※本信は、ユニセフ(国連児童基金)が配信したものを日本ユニセフ協会が仮訳したものです
※原文(英語)は http://www.unicef.org/media/media_73750.htmlでご覧いただけます


【2014年6月10日 ブラジル・クリチバ発】

スペインのプロサッカーリーグのレアル・マドリードと同国代表チームで活躍するスター選手、
セルヒオ・ラモス選手が、本日、ブラジル・クリチバで開催されていた子どもたちのための
ユニセフのイベントに参加。同会場で、スペインのユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)から、
ユニセフ親善大使(スペイン国内親善大使)として任命されました。


長年にわたってユニセフを応援してくださっているセルヒオ・ラモス選手。その協力は、
セネガルでユニセフが展開する子どもの命を守るための活動の現場の訪問や、アフリカの
子どもたちへの支援を訴える“Champions for Africa and Champions for Life”などの
チャリティマッチへの参加、支援を呼びかけるメッセージの提供、チャリティ・オークション
への参加、また、社会的に困難な状況に置かれている子どもたちへの支援を訴えるテレビの
特別番組への出演など多岐にわたります。

ブラジルでは、間もなくサッカー・ワールドカップが開催されます。ユニセフも、この
世界的イベントに合わせ、スポーツを通じて“寛容”“平和”“尊重”の精神を広め、
かつ、次世代を担う若者たちの協調とリーダーシップを育み、子どもたちを暴力から
守ることを訴える“チーム・ユニセフ”と呼ぶプロジェクトをキック・オフしました。
ラモス選手の親善大使就任も、この機を捉えて発表された次第です。


親善大使に就任したラモス選手は、イベント会場でのセレモニーの席で、次のように
コメントしました。「ユニセフのスペイン国内親善大使として、子どもたちの権利を守る
ユニセフの活動にこれまで以上に貢献できることを誇りに思っています。また、
ワールドカップの期間中、“チーム・ユニセフ”の一員としてスポーツや子どもたち
のための活動に協力できることに、心躍る思いです。つい最近、私も一児の父になりました。
私の息子が、何らかの原因で生まれ持った権利が守られないような状況が生まれるとしたら、
そして、私がその状況から彼を守ってあげることができなかったら…。もしそうなったら、
きっと想像を超える程の苦しみを味わうことになるのだと思います」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング