1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

本格的な2ウェイ・スピーカー構成でシリーズ史上最強の高音質サウンドを実現したポータブルBluetoothスピーカー「JBL CHARGE 5」発売

PR TIMES / 2021年4月15日 9時15分

国際的デザイン賞を受賞!防水・防塵対応!最新モデルはデザインを刷新

 ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、今年創立75周年を迎えるアメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー3年連続販売台数No.1に輝く※1「JBL」ブランドより、パワフルなサウンドと幅広いシーンに馴染むデザインが人気のポータブルBluetoothスピーカー「CHARGE」シリーズの最新モデル「JBL CHARGE 5(チャージ5)」を、2021年5月21日(金)より発売いたします。また、「CHARGE 5」をはじめ、豪華オリジナル賞品が当たる春の新生活応援キャンペーン「音楽は力だ。」も好評実施中です。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12767/244/resize/d12767-244-767844-0.jpg ]

「CHARGE 5」は、音楽再生を楽しむスピーカーとしてだけではなく、モバイルバッテリーとしても使用できることで人気の「CHARGE」シリーズの最新モデルです。前モデル搭載の、最大20時間※2ワイヤレス再生が可能な大容量バッテリーを継承しつつ、全体のシルエットやロゴデザインを刷新し、より洗練された上質感のあるデザインにアップデート。今作からニューカラーとして、日常使いもしやすいシックな「グレー」と、アウトドアシーンにも映える「スクワッド」が登場します。

本モデルでは、今年4月に発売された上位モデル「XTREME 3(エクストリーム3)」の高機能を踏襲した2ウェイ・スピーカー構成を採用し、独自開発の大口径楕円型ウーファーと、エッジと重量を増幅したデュアル・パッシブラジエーター搭載に加え、新たに20mm径ツイーターを搭載しました。これにより、片手で持てるコンパクトなボディでありながら、量感のある低音とクリアな高音域を再生することが可能になり、JBLならではの明瞭で迫力のあるサウンドをお楽しみいたくことができます。

本体背面には、防水対応USB Type-C端子を搭載。接続部分のフタがなくなり直接差し込めるため、使い勝手がよくなり、万が一、水に濡れても安心です。さらに、本モデルより、防水機能に加え、新たに防塵にも対応したIP67※3を採用。水のかかりやすい場所でのご使用だけではなく、浜辺やキャンプ場など砂埃が気になる場所でも安心してお使いいただけます。

加えて、「CHARGE 5」では前モデルに搭載の「JBL Connect+(コネクトプラス)」が、新世代技術を採用した「JBL PartyBoost(パーティーブースト)」へと進化。スピーカー本体の上部に配された「PartyBoost」ボタンを押すだけで、同機能を搭載したスピーカー同士を複数台接続して一斉に音楽再生することも可能です。

デザイン面では、本体のフロントロゴに「JBLボールドデザイン」と、ボディとロゴのカラートーンを併せる「TONE on TONE(トーンオントーン)」を採用。本モデルでは既発売の「XTREME 3」に続き、JBLロゴのエッジ部分にブランドカラーであるオレンジを配色したメタリック素材を使用し、より洗練された上質感のあるデザインに仕上がりました。カラーは、様々なシーンでお使いいただきやすいベーシックカラーからアウトドアに映えるカラーの全5色(ブラック、レッド、グレー、ブルー、スクワッド)からお選びいただけます。世界最大級のデザイン賞「レッド・ドット・デザイン賞2021」で受賞を果たすなど、高いデザイン性を誇ります。

JBLのハイクオリティな音質を体感する音楽スピーカーとして、時にはスマートンやタブレットの充電器として、日常の様々なシーンの中で「CHARGE 5」をお楽しみください。

【特長】
■上位モデルの本格的な2ウェイ・スピーカー構成を踏襲し、ダイナミックな高音質を実現

[画像2: https://prtimes.jp/i/12767/244/resize/d12767-244-687228-1.jpg ]

前モデルの「CHARGE 4」からオーディオパーツを大幅にアップデートし、本格的な2ウェイ・スピーカー構成を採用。感度を向上させた独自開発による大口径のウーファーにより、ラウドネスが増幅し、よりダイナミックな低音を再現。また、新たに搭載した20mm径ツイーターは、JBLが誇る明瞭度の高い高音域を実現。さらに、エッジと重量を増幅したデュアル・パッシブラジエーターは、より量感と奥行きのある豊かな低音の再生を可能にしています。今年3月に発表された「XTREME 3」に近い本格的なスピーカー構成により、「CHARGE」シリーズの中でも、スケール感が大きく、厚みのあるJBLプロ・サウンドをお楽しみいただけます。

■洗練された上質感のある最新デザインにリニューアル

[画像3: https://prtimes.jp/i/12767/244/resize/d12767-244-763693-2.png ]

本体のフロントに施されたブランドロゴは、JBLポータブルBluetoothスピーカーの新しいデザイン・アイデンティティとなる「JBLボールドデザイン」を採用。本デザインを初採用した「XTREME 3」に続き、ロゴのエッジ部分にブランドカラーであるオレンジを配したメタル素材を用いることでJBLブランドのカラーを主張しつつ、より洗練された上質感を演出しました。また、ボディとロゴのカラートーンを併せた 「TONE on TONE」を採用することで、より調和のとれた、使いやすくファッショナブルなデザインにアップデート。
さらに、本体フロントに搭載のバッテリーインジゲーターは、一目でバッテリーの残量が分かるよう改良。視認性を向上することで、充電が切れるまで気づかないなどのハプニングを防ぎ、より快適にお使いいただけるようになりました。

■最大約20時間再生※2を可能にしながらモバイルバッテリーとしても活躍する2WAY機能

[画像4: https://prtimes.jp/i/12767/244/resize/d12767-244-694333-3.jpg ]

前モデルを継承した、7,500mAh/27Whの大容量バッテリーを搭載。コンパクトなボディでありながら最大約20時間※2のワイヤレス連続再生が可能です。また、本体の背面には電力供給専用USBポート※4を装備しているため、スマートホンやタブレットなどを複数回充電できるモバイルバッテリーとしてもご使用いただけます。例えば、iPhone12では役1.7回、Samsung Galaxy S20では約1.2回分の充電が可能です(弊社調べ)。

さらに、本モデルより新たに、USB Type-C型充電端子を防水対応にしたことで、接続部分のフタをなくし直接の差し込みも可能になり、水辺でも安心してお使いいただけるようになりました。音楽を楽しむ機能性の高いポータブルスピーカーとしてだけではなく、どこでも使えるモバイルバッテリーとしても、2WAYで活躍します。
※2 再生時間は、ボリュームレベルや再生内容により異なります。
※4 USBポートは電力供給専用です。USBポート経由で音楽再生することはできません。

■屋内外でも安心して使える防水・防塵機能(IP67※3)にアップデート

[画像5: https://prtimes.jp/i/12767/244/resize/d12767-244-644538-4.jpg ]

防水性能に加え、新たに防塵にも対応したIP67※3を採用。突然の雨や落水が気になるアウトドアシーンや、家の中のお風呂・キッチンなどの水周りでの使用はもちろん、ビーチやキャンプ場などの砂埃などが気になる屋外でも安心してお使いいただけます。また、本体背面に搭載された充電端子(USB Type-C)も防水・防塵対応のため、ボディが汚れてもそのまま丸洗いが可能です。

■充実のワイヤレス機能「PartyBoost」により100台まで同時接続可能

[画像6: https://prtimes.jp/i/12767/244/resize/d12767-244-389990-5.jpg ]

前モデル「CHARGE 4」に搭載されていた「JBL Connect+」が新技術を採用した「JBL PartyBoost」に進化。「PartyBoost」は、従来の「Connect+」の使い勝手はそのままに、より途切れにくいBluetooth接続を実現したワイヤレス接続機能です。スピーカー本体の「PartyBoost」ボタンを押すだけで、アプリでの操作をせずとも同機能を搭載したスピーカー同士を100台以上接続して一斉に音楽再生することが可能です。ソーシャルモードにも対応しており、スマートホンやタブレットなどのデバイスを2台までBluetooth接続で同時にペアリングでき、交互に音楽再生することができます。接続した2台のデバイスのうち、最後に再生ボタンを押したデバイスの音楽が再生され切り替えも簡単。アウトドアやホームパーティ、スタジオなど、広い会場で本格的なサウンドを楽しみたい時に活躍します。
※JBL ConnectおよびJBL Connect+対応機種との接続はできません。

■使いやすいベーシックなカラーからアウトドアシーン映えるカラーまで、豊富なカラーバリエーションを用意
カラーは、前モデルから引き続き、ブラック、レッド、ブルーに、新たにシックで馴染みやすいグレーとアウトドアシーンで映えるスクワッドを加えた全5色をご用意。あらゆるシーンで使いやすいベーシックなカラーから、アクティブなシーンで映えるカラーまで、豊富なカラー展開でお好みの1台をお選びいただけます。また、防水防塵対応でありながら、日常に馴染みやすいファブリック素材の採用することで、家の中からアウトドアまで幅広いシーンでお使いいただけるデザインに仕上げました。
[画像7: https://prtimes.jp/i/12767/244/resize/d12767-244-259225-6.png ]


■国際的デザイン賞「レッド・ドット・デザイン賞2021」を受賞!


[画像8: https://prtimes.jp/i/12767/244/resize/d12767-244-371644-7.png ]

本モデルは、国際的なデザイン賞のひとつである「レッド・ドット・デザイン賞2021 (Red Dot Award 2021)」のプロダクト・デザイン部門において「レッド・ドット・デザイン賞」を受賞しました。「Red Dot Award(レッド・ドット・デザイン賞)」は、ドイツのデザイン機関「Design Zentrum Nordrhein Westfalen」が主催する世界最大級のデザイン賞です。プロダクトデザイン、ブランド&コミュニケーションデザイン、デザインコンセプトの3つの部門に分かれ、毎年世界70か国以上の国や地域から18,000件を超える応募が寄せられ、さまざまな分野の世界的なデザイン専門家により審査されます。

【主な仕様】
製品名:JBL CHARGE 5(チャージ5)
タイプ:ポータブルBluetoothスピーカー
カラー:全5色(ブラック、レッド、グレー、ブルー、スクワッド)
Bluetooth:バージョン 5.1
防水・防塵機能:IP67※3
対応プロファイル:A2DP 1.3, AVRCP 1.6
周波数特性:60Hz - 20kHz
定格出力:30W
連続再生時間:最大20時間再生※2
充電時間:約4時間(5V/3A)
オーディオ入力:Bluetooth
使用ユニット:52×70mm径ウーファー×1、20mm径ツイーター×1、パッシブラジエーター×2
サイズ(H x W x D):96.5 x 223 x 94(mm)
重量:約960g
USB給電※4:USB Type-C:最大5V/2A
付属品:充電用USB Type-Cケーブル(1.2m)
発売日:2021年5月21日(金) 発売
価格:オープン価格 ※JBLオンラインストア販売価格16,280円(税込)

※仕様、価格は変更となる場合がございます。
※1 全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2020」にて、ワイヤレススピーカー部門の第1位を3年連続で獲得しました。
※2 再生時間は、ボリュームレベルや再生内容により異なります。
※3 IP67は粉塵がスピーカー内部に侵入しなく、水深1mの水中にスピーカーを最大30分間入れても浸水しないと定義されています。
※4 USBポートは電力供給専用です。USBポート経由で音楽再生することはできません。

【新生活応援キャンペーン「音楽は力だ。」】

[画像9: https://prtimes.jp/i/12767/244/resize/d12767-244-706062-8.jpg ]

今年の春から新生活をはじめる人に向けて、JBLでは新しい一歩を踏み出す勇気を与える「音楽の力」を届けたいという思いから、3月16日(火)より様々なキャンペーンを実施しています。特設サイトでは、JBLの人気ポータブルBluetoothスピーカーのイメージキャラクターとして、今をときめく若手クリエイターを起用した動画コンテンツをお楽しみいただけます。さらに、キャンペーン第2弾として、よりJBLのスピーカーを通して音楽に触れていただくために、Billboard Liveのゴールドチケットや、人気イラストレーター藍にいなさんの描き下ろしによる特別コラボアイテムなどの豪華賞品が当たる、プレゼントキャンペーンも実施しています。詳細、ご応募は下記URLよりご覧ください。

[画像10: https://prtimes.jp/i/12767/244/resize/d12767-244-175145-9.png ]

・キャンペーン特設サイト: https://jp.jbl.com/bluetooth-speaker/speaker-for-new-life.html

<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、様々な世界的なスポーツイベントでも採用されています。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)、Revel(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で5,000万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約30,000名の社員が在籍し、2017年3月にて韓国サムスン電子の子会社となりました。

【お客様のお問い合わせ先】
ハーマンインターナショナルコールセンター
Tel: 0570-550-465
www.JBL.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング