スポーツ科学を用いて小学校受験合格を目指す「受験体操特別講習」を開催

PR TIMES / 2020年6月26日 10時40分

やる気スイッチグループの幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」 

■年中・年少向け東京(7/26)・神奈川(7/12)・千葉(7/26)・埼玉の4会場で9月まで各4回開催
■スポーツ科学に裏付けられた運動のセオリーで小学校受験の合格を目指す
https://bd.yarukiswitch.jp/n9/juken_event



[画像1: https://prtimes.jp/i/28894/244/resize/d28894-244-315519-0.png ]

株式会社やる気スイッチグループ(東京・中央区、代表取締役社長:高橋 直司)が展開する幼児・小学生向けスポーツ教室は「スポーツ科学」を用いて秋から始まる私立小学校・国立小学校の入試試験合格に向けた「受験体操特別講習」を東京・神奈川・埼玉・千葉4会場で6月から9月まで各4回ずつ開催します。※埼玉会場は受付を終了しました。

サッカーや野球、テニス、陸上競技など、すべてのスポーツ種目にはそれぞれ身体の動かし方がありますが、9つの基本動作(走る・跳ぶ・投げる・打つ・捕る・蹴る・組む・バランス・リズム)はすべてのスポーツに共通し、スポーツ科学に裏付けられた運動のセオリーが存在します。今回の「受験体操特別講習」では忍者ナインの基本動作を応用して、小学校受験に向けて各小学校の過去の運動テストから出題頻度の高い出題項目「待機姿勢」「ポール運動」「平均台」「ステップ」「サーキッド」などを抽出し、3回の講習と1回の運動テストで特訓します。また、「受験体操」特別講習の内容をご自宅でも復習できる解説つき動画も提供いたします。

【忍者ナイン受験体操特別講習 概要】
■公式サイト:  https://bd.yarukiswitch.jp/n9/juken_event

■開催日時: 
 東京会場 7月26日 / 8月2日 / 8月30日 / 9月22日
 神奈川会場 7月12日 / 8月2日/ 8月30日 / 9月21日
 千葉会場 7月26日 / 8月10日 / 9月6日 / 9月22日
 埼玉会場 ※受付を終了しました※

各日程ともに9:00~10:15 / 11:00 ~12:15 / 13:00 ~14:15 / 15:00 ~16:15
※この特別講習は全部で4日間の講習です。単日での参加はできません
※定員になり次第終了となります
※4回とも同じ会場での参加が難しい場合は、他会場、他時間帯での申込が可能です

■会場:
東京会場 
・やる気スイッチグループ本社(東京都中央区八丁堀二丁目24-2 八丁堀第一生命ビル)
東京メトロ日比谷線 八丁堀駅A4出口より徒歩2分

神奈川会場 
※前半は忍者ナイン センター南ラボ/後半はKids Duo Internationalセンター南での開催となります
・忍者ナイン センター南ラボ(神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央6-1 サウスウッド3F)
横浜市営地下鉄 センター南駅より徒歩3分

・Kids Duo International センター南(神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央17-30 
横浜市営地下鉄 センター南駅より徒歩5分)

千葉会場 
・ビビット南船橋(千葉県船橋市浜町2-2-7) 
京成本線 船橋競馬場駅より徒歩5分/JR京葉線 南船橋駅より徒歩10分

■内容:
 1 回目 ルール確認、待機姿勢、基本のステップ・模倣運動・指示運動・走動作
 2 回目 待機姿勢、指示・模倣運動・柔軟体操、マット・鉄棒・ボール、縄
 3 回目 マット・鉄棒・ボール運動、縄、平均台、跳び箱、集団運動
 4 回目 運動テスト

■定員:
 1回 15名様 ※新型コロナウイルス感染症対策に配慮して、密接しないよう実施いたします

■講習費用: 
 全4回44,000 円(税込)  ※解説つき動画含む

【受験体操とは】
小学校受検の運動テストでは、運動能力や心身の健康状態に加えて、「所作(挨拶や返事)」「規律(列に並ぶ、待つなどの指示を)」「話を聞く態度」など、物事にのぞむ姿勢や意欲についてテスト採点されます。具体的には、慶應義塾幼稚舎のサーキット運動(平均台など複数の運動を組み合わせた障害物競争)や筑波大学附属小学校のクマ歩きなどが有名です。

忍者ナイン

[画像2: https://prtimes.jp/i/28894/244/resize/d28894-244-115100-1.jpg ]



幼少期に必要な「神経系統の発達」のための効果的なプログラムとして、すべてのスポーツの土台となる9つの基本動作(走る・跳ぶ・投げる・打つ・捕る・蹴る・組む・バランス・リズム)を身につけるための、スポーツバイオメカニクスの研究成果を基に考案された300の運動プログラム「Ninja300」が特長です。

また、9名の異学年合同プログラム「Ninjaバトル」を通じてリーダーシップや年下の子を思いやる気持ち、チームで考える力など社会性や協調性を育て、脳科学を基にした30のゲームにより自分で考える力を育てます。そのほか、動作分析シミュレーションシステム「スポーツ適性ナビ」を用い、お子さま運動能力を総合的に判断し、どんな競技に向いているかを診断します。2017年から年に一度、忍者ナインで実践しているスポーツプログラムの成果を、ラボ(教室)対抗で競う「忍者甲子園」を開催、第2回目(2018年8月17日)には全国から300名以上が参加しました。  https://www.ninja9.jp/

株式会社やる気スイッチグループ
やる気スイッチグループは、個別指導学習塾「スクールIE」や知能育成(知育)と受験対策の幼児教室「チャイルド・アイズ」、子ども向け英語・英会話スクール「WinBe(ウィンビー)」、英語学童教室「Kids Duo(キッズデュオ)」、幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」、バイリンガル幼児園「キッズデュオインターナショナル(KDI: Kids Duo International)」「アイキッズスター(i Kids Star)」の7つのスクールブランドを展開する総合教育サービス会社として、現在国内外で1,800以上の教室を展開し、およそ11万人の子どもたちの学びをサポートしています。やる気スイッチグループは、一人ひとりが持つ"宝石"を見つけ、その無限の可能性を引き出すことで、世界中の子どもたちの夢と人生を応援します。 https://www.yarukiswitch.jp/ 

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング