トランスコスモス、エヌビーアイより大阪事業本部のデータ入力受託業務を譲り受け

PR TIMES / 2013年8月27日 12時29分

~保険業界へのノウハウを強化し、サービス基盤の拡充と事業拡大を目指す~

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715 以下、トランスコスモス)は、エヌビーアイ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三浦靖治、以下、エヌビーアイ)と、エヌビーアイの大阪事業本部のデータ入力受託業務の事業譲渡に関する契約手続きを、2013年7月31日に完了しました。

エヌビーアイは、2003年4月に日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河村八弘、以下、日商エレ)により、各種業務改革やデータサービスを中心としたBPO(Business Process Outsourcing)サービスを提供することを目的に100%子会社として設立され、主に銀行および生損保業界に対してサービスを提供しています。今回、譲渡契約した事業はエヌビーアイ大阪事業本部で対応しているデータ入力受託業務です。

今回の事業譲渡により、大手生命保険会社をはじめとする、エヌビーアイ大阪事業本部のデータ入力受託業務における既存取引顧客との契約および業務リソースを、トランスコスモスに移管しました。トランスコスモスは、得意とするサービス運用に加え、エヌビーアイが蓄積した当該業務における保険会社対応のノウハウを吸収することにより、保険業界が求めるアウトソーサー対応力を高めます。

トランスコスモスの保険業界への実績は、重要度の非常に高い支払請求業務における診断書入力や契約申込書入力をはじめ、申込から審査・登録・不備処理・書類発送に至る一連の事務処理など多岐にわたり、生命保険、損害保険、共済各社に提供しています。

今後、トランスコスモスと日商エレグループが協業することにより、契約申込、保全、支払という保険業界特有の契約に関わる業務に対し、日商エレが多数の導入実績をもつBPM(Business Process Management)ツールやイメージワークフローツールなど、システム面ならびに運用面で対応が可能になり、より幅広くオフサイトやオフショアを活用した品質の高いサービスを各保険会社に提供可能となります。

エヌビーアイ大阪事業本部の概要は以下のとおりです。

商号: エヌビーアイ株式会社
譲渡事業: 大阪事業本部 データ入力受託業務
所在地: 大阪市中央区南本町2-3-8 KDX南本町ビル
従業員数: 従業員58人

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング