【ザ・ノース・フェイス】今季の「NUPTSE BOOTIE」コレクションを発売

PR TIMES / 2014年10月9日 13時13分

ウィンターブーツの定番が機能を一新してリニューアル

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)のTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)は、ウィンターブーツの定番Nuptse Bootie(ヌプシブーティー)コレクションの機能を一新。
全国のザ・ノース・フェイス取扱店にて10月初旬より順次販売開始します。



ヌプシブーティーはもともと、冬山のテントブーツとして開発されました。
テント周りでの活動を快適にサポートし、様々な極地遠征隊でもご愛用いただいております。
2007年に一般発売を開始したヌプシブーティーは多くのお客様にご好評をいただき、常に進化を続けています。
今季は優れた防水透湿性をプラスしたモデルを始め、様々なタイプのモデルをラインナップさせることで、日常からアクティブシーンまで冬のあらゆるシーンに対応します。


**********
■ザ・ノース・フェイス Nuptse Bootie WP III(ヌプシブーティー ウォータープルーフIII)
品番:NF51481
価格:14,500円+税
カラー:(OC)オリーブグリーンカモ※写真、(K)TNFブラック、(DB)デミタッセブラウン、(G)グラファイトグレー、(N)ネイビー、(GC)グレンチェック
サイズ:5、6、7、8、9、10、11(インチ)
重量:420グラム(9インチ)片足
素材:<アッパー>撥水加工リップストップアッパー、TEKWPROOF防水メンブレン、FLASHDRY中綿インサレーション
<ボトムユニット>圧縮成型EVAミッドソール、ラバーアウトソール

特長:
表素材にはザ・ノース・フェイスオリジナルの「TEKWPROOF」を用いて防水機能を持たせています。
またインサレーション(中わた)には、シューズ内部の湿気を素早く吸収し快適性を持続させる「ALPHADRY中わた」を使用しています。
アウトソール(靴底)中央部は低温化で硬化することで、路面に対し高いグリップ力を発揮する「TNFウィンターアイスポッド」を、アウトソールの周りには低温化でも硬くなり難い「コンパウンドラバー」を使用した「TNFウィンターグリップラバーアウトソール」を用いて、路面に対しグリップ力を維持します。
昨年と比べ外見上の変化は最小限ですが、インサレーション(中わた)素材、アウトソール(靴底)ラバー素材など見えない部分の変更により快適な履き心地に進化しました。
このモデルにはショートタイプのNuptse Bootie WP III Short(品番:NF51482)も用意しております。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング