1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

暗号資産取引のGMOコイン:最新の業績指標を発表(2020年12月期)

PR TIMES / 2021年2月5日 14時15分

~年間売買代金4.6兆円、口座数は34.1万口座、預り資産残高639億円~

 GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、暗号資産取引業を営むGMOコイン株式会社(代表取締役社長:石村 富隆、以下GMOコイン)は、GMOフィナンシャルホールディングスで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、安心して暗号資産のお取引ができる環境を提供しています。



 GMOフィナンシャルホールディングスは、2020年12月期の通期決算を発表し、GMOコインの売買代金、口座数、預り資産残高を公表いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/30257/245/resize/d30257-245-754347-0.png ]

■GMOコインの最新の業績指標を発表(2020年12月期)
 GMOコインは売買代金4.6兆円、口座数34.1万口座、預り資産残高639億円となりました。前年と比較すると、どの項目においても堅調に推移しております。

[画像2: https://prtimes.jp/i/30257/245/resize/d30257-245-679268-1.png ]


【売買代金】
暗号資産価格の上昇により売買代金が大きく増加しました。また、収益性の高いアルトコイン銘柄の取引が好調に推移したことで、前期比で増収を達成しています。(暗号資産売買代金 前年同期:1.4兆円 ⇒ 2020年12月期:4.6兆円)
[画像3: https://prtimes.jp/i/30257/245/resize/d30257-245-925008-2.png ]


【口座数と預り資産】
口座数は、前年同月末比で14%以上増加。(前年同月末:29.9万口座 ⇒ 2020年12月末:34.1万口座)
預り資産は、前年同月末比で約2.5倍に増加。(前年同月末:261億円 ⇒ 2020年12月末:639億円)
口座数は34万口座を突破し、暗号資産価格の上昇に伴い、預り資産も大きく増加しました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/30257/245/resize/d30257-245-512096-3.png ]



【売買代金シェア】
暗号資産業界全体に対するGMOコインの売買代金シェアは13.5%となり、回復傾向となりました。法人口座の獲得、取引銘柄の追加等のサービス拡充により、更なるシェア拡大を図ります。
[画像5: https://prtimes.jp/i/30257/245/resize/d30257-245-213498-4.png ]


■GMOコイン顧客属性
顧客属性は、前年同月末と比較すると、女性比率が高くなっており、暗号資産取引の裾野が広がってきております。(前年同月末:18.3%⇒2020年12月末:18.7%)
[画像6: https://prtimes.jp/i/30257/245/resize/d30257-245-536144-5.png ]



 これからもお客さまに使いやすいと感じていただけるサービスの提供に向けて、開発・改善を続けてまいります。今後ともGMOコインをよろしくお願い申し上げます。

■GMOコインでは、お取引の参考となる暗号資産情報を配信中
 GMOコインのHPでは、全ての取扱銘柄において、価格やチャート、騰落率など相場に関する情報をリアルタイムに配信しております。また、銘柄ごとに関連性のあるニュースも掲載しておりますので、より効率的に情報を収集いただけます。ぜひご覧ください。

【価格・相場・チャート】
・ビットコイン(BTC)            https://coin.z.com/jp/corp/information/btc-market/
・イーサリアム(ETH)            https://coin.z.com/jp/corp/information/eth-market/
・ビットコインキャッシュ(BCH)      https://coin.z.com/jp/corp/information/bch-market/
・ライトコイン(LTC)            https://coin.z.com/jp/corp/information/ltc-market/
・リップル(XRP)              https://coin.z.com/jp/corp/information/xrp-market/
・ネム(XEM)                https://coin.z.com/jp/corp/information/xem-market/
・ステラルーメン(XLM)           https://coin.z.com/jp/corp/information/xlm-market/
・ベーシックアテンショントークン(BAT)   https://coin.z.com/jp/corp/information/bat-market/
・オーエムジー(OMG)           https://coin.z.com/jp/corp/information/omg-market/
・テゾス(XTZ)               https://coin.z.com/jp/corp/information/xtz-market/
・クアンタム(QTUM)            https://coin.z.com/jp/corp/information/qtum-market/

【GMOコイン株式会社】(URL: https://coin.z.com/jp/
会社名  GMOコイン株式会社
所在地  東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)
代表者  代表取締役社長 石村 富隆
事業内容 暗号資産の交換・取引サービス、暗号資産関連店頭デリバティブ取引サービスの提供
資本金  37.58億円(準備金含む)
登録番号 関東財務局長 第00006号(暗号資産交換業)、関東財務局長(金商)第3188号
加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本資金決済業協会

<GMOコイン株式会社について>
 GMOコイン株式会社は2016年10月に、GMOインターネット(東証一部上場)グループの暗号資産による投資の機会を提供する部門として設立され、2017年9月には、金融庁の仮想通貨交換業者(現、暗号資産交換業者)、2020年5月には、第一種金融商品取引業者として登録されました。GMOインターネットグループで培われたIT関連事業および金融事業における知見と豊富な金融実績を活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、暗号資産の取引ができる環境を提供しています。GMOコインは、安心No.1の暗号資産取引業者を目指すとともに、暗号資産業界の発展に貢献してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング