大量の名刺をまとめてデータ化し、管理できる デジタル名刺ボックス「ビズレージ」発売 ~専用ソフトで情報の編集や検索も簡単~

PR TIMES / 2014年6月24日 11時22分



 株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、大量の名刺をまとめてデータ化し、管理することができるデジタル名刺ボックス「ビズレージ」を開発。2014年8月29日(金)より発売いたします。初年度販売目標数量は1万台です。
 デジタル名刺ボックス「ビズレージ」は、大量の名刺を連続でスキャンし、データ化した名刺をそのまま保存できる、スキャナ付きのデジタル名刺ボックスです。給紙トレイに名刺をセットしてボタンを押すだけで、一度に約15枚※までの名刺の両面をスキャンし、データを接続したパソコンへ転送します。本体内のメモリにデータを一時保存できるので、パソコンとすぐに接続できない場合や、接続したパソコンが起動していない場合でもスキャンが可能です。
 また、スキャンした名刺は「ビズレージ」本体の「名刺保存ボックス」に収納されます。「名刺保存ボックス」には、約800枚※の名刺を収納できます。
 USB接続、有線LAN接続が可能で、個人で大量の名刺を整理したり、会社の部署ごとなど複数人で共有機としても使用できます。
 スキャンした名刺データは、接続しているパソコンへ転送され、専用のデジタル名刺管理ソフト「DA-1」に取り込まれます。取り込んだ名刺データは文字認識機能(OCR)により、会社名や氏名などが自動でテキストデータに変換されます。「DA-1」を使って、会社名や氏名、登録日などで名刺を検索できるほか、よく使う名刺をお気に入り登録できるので、必要な名刺をすぐに見つけることができます。
 キングジムでは「ビズレージ」の発売により、ユーザーの皆様の多様なニーズに応えるとともに、今後もデジタル名刺整理用品のより一層の市場拡大を図ってまいります。
※お使いの名刺の形状や本機の使用条件によって異なります。

■製品概要
製品名・品番:デジタル名刺ボックス「ビズレージ」 DNX100
価格    :オープン
価格発売日 :2014年8月29日(金)

■製品特長
1.約15枚※の名刺を連続両面スキャン、約800枚※収納
 一度に約15枚※の名刺をまとめて両面スキャンできます。
 また、スキャンした後の名刺を約800枚※まで本体の「名刺保存ボックス」に収納できます。
 ※お使いの名刺や本機の使用条件によって異なります。

2.文字認識機能(OCR)付きで、検索・管理も簡単!
 読み取った名刺のスキャンデータは、デジタル名刺管理ソフト「DA-1」に取り込まれます※。
 「DA-1」では、文字認識機能(OCR)で名刺の情報をテキスト化することができ、手軽に名刺の検索、
 分類をすることができます。
 ※「DA-1」への保存可能枚数はお使いのパソコンによって異なります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング