【プレスリリース】中央アフリカ共和国 首都バンギでの武力衝突から6カ月

PR TIMES / 2014年6月13日 19時7分

子ども74人の死亡、277人の重傷を確認



※本信は ユニセフ本部の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、編集したものです
※原文をご入用の方は、広報室までお問合せください。


【2014年6月13日 バンギ(中央アフリカ共和国)/ジュネーブ発】

中央アフリカ共和国の首都バンギで、激しい武力衝突が発生してから6カ月。多くの子ども
たちが殺害され、何百もの子どもたちが重傷を負い、何千もの子どもたちが避難を余儀
なくされています。

「中央アフリカ共和国で起きている暴力は、胸をえぐられるほど残忍かつ悪質で、子ども
たちはその渦中に置かれています」と、ユニセフ・中央アフリカ共和国事務所代表の
スリマン・ディアベットは話します。「過去6カ月間、平均して一日に少なくとも子ども
1人が、武力衝突によって重傷を負うか、命を落としています。残虐行為とその報復
という負のサイクルを、止めなければなりません」

過去6カ月間で、子ども277人が重傷を負い74人が殺害されたことを、ユニセフは確認
しています。基本的なサービスが完全崩壊していることに起因する子どもの死や病気の
子どもたちの数を入れると、実際の数はさらに多くなります。国内の複数の地域では、
絶え間なく繰り広げられる暴力と政情不安のため、ユニセフは、子どもたちに対する
暴力行為のケースすべてを、確認することができません。


首都バンギを含む国内全土で悪化し続ける状況により、家から避難を余儀なくされる
人々の数も増加の一途をたどっています。今や国内避難民は50万人を超え、そのうち
少なくとも半数は子どもたちです。

国内避難民の他にも、34万7,000人(うち3分の2は子ども)が国外に避難し、難民として
暮らしています。多くはカメルーンに避難していますが、チャドやコンゴ民主共和国、
コンゴ共和国にも避難しています。


ユニセフは、パートナー団体との協力の下、子どもたちを暴力から守り、最も困難な
状況に置かれた子どもたちが学習をしたり心理ケアを受けられる、安全な空間を提供
しています。家族と離ればなれになった子どもたちは、可能な限り早く家族と再会
できるよう、登録が行われています。また、武装勢力に徴用されている子ども
たちを直ちに開放し、可能であれば地域社会に復帰させられるよう、子どもたちを徴用
している武装勢力と交渉を進めています。

ユニセフはまた、安全な水や適切な衛生設備、生活必需品(防水シート、ビニールシート、
液体容器など)を提供するなど、避難を余儀なくされている子どもたちとその家族に
必要な人道支援を行っています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング