海外で働きたい地域、第1位は東南アジア。―『[en]転職コンサルタント』ユーザーアンケート集計結果―

PR TIMES / 2013年8月26日 10時52分

 人材総合サービスを提供するエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人材紹介会社集合サイト『[en]転職コンサルタント』(https://consultant.en-japan.com/)上で、サイト利用者3,304名を対象に「海外での勤務」についてアンケート調査を行いましたので、以下概要をご報告します。




【調査結果要約】

海外で働きたい地域、第1位は東南アジア。
転職時、海外勤務の可能性がある企業を積極的に選ぶ人は26%。
3年前に比べ、海外勤務の意向を持つ人が増加。


【調査結果概要】

1:海外で働きたいところ、第1位は東南アジア。前回第1位の中国・東アジアは第4位に後退。

 転職時に海外勤務の可能性のある企業を「積極的に選ぶ」と回答した方は26%となり、2010年に実施した同調査に比べ7ポイントアップしました。前回よりも、海外勤務の意向を持つ方が増加していることがわかりました。
 また、「積極的に選ぶ」と回答した方が選んだ、働きたい国・地域第1位は「東南アジア」、第2位は「北米:カナダ」、第3位は「ヨーロッパ」となりました。2010年調査時に第1位であった「中国・東アジア」は、今回の調査では第4位へと後退しています。企業の海外進出も、中国一辺倒からインドネシア、タイ、ベトナムといったアセアンが目立つようになってきていますが、人も次代の成長国を選んでいることがうかがえます。年代別でみると、20代では「ヨーロッパ」と回答した方が最も多かったのに対し、30代以上では「東南アジア」が最多となりました。


2:転職時に海外勤務の可能性のある会社を「積極的に選ぶ」理由、 20代は「自分の成長のプラスになるから」。 50代は「海外の方が、自分の経験を活かせるから」。

 転職時に海外勤務の可能性のある会社を「積極的に選ぶ」理由について、全体では「自分の成長のプラスになるから」という回答が最多となりました。
年代別でみると、20代~40代は「自分の成長にプラスになるから」という回答が最も多かったのに対し、50代以上では「海外の方が、自分の経験を活かせるから」が最多。年代によって海外勤務に期待するものが異なるようです。


3:海外勤務の辞令には前向きに対応。

 海外勤務の辞令が出た場合について2010年の調査と比較すると、「赴任先に関わらず、喜んで受け入れる」と回答した方は3ポイト増加の25%となりました。また、「赴任先によっては、喜んで受け入れる」と回答した方も、9ポイント増加の46%となっており、2010年に比べ、海外勤務に対する抵抗感が和らいでいることがうかがえる結果となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング