【報道参考資料】ロンドン グローバル・サミット閉幕 性暴力への対応と予防の拡充を 

PR TIMES / 2014年6月16日 16時29分

紛争下で性暴力にあう子どもは毎年2億2,300万人以上



※本信は ユニセフ本部の情報を日本ユニセフ協会 広報室が独自に翻訳、独自に編集
したものです
※原文は下記でご覧いただけます。
http://blogs.unicef.org/2014/06/13/sexual-violence-the-weapon-of-war-that-has-ceased-to-die/


【2014年6月13日 ロンドン、ニューヨーク発】

6月10-12日にロンドンで行われた紛争下での性暴力撲滅を目指すグローバルサミットで
合意された事項に対し、ユニセフは歓迎の意を表するとともに、より多くの国に行動を
起こすことを求めます。

性暴力は、世界中の紛争で行われ、子どもや女性に屈辱を与えます。また、地域社会を
崩壊させ、戦争の被害にさらなる悪影響を及ぼし、被害者一人ひとりの人生と未来を
引き裂くものです。紛争下の性暴力は社会に深く根ざしたものでもあり、戦争が終わっても
性暴力による影響は続き、耐えられない苦痛をもたらします。


現在、南スーダンや中央アフリカ、コンゴ民主共和国では、レイプや性的虐待は戦時下の
武器として用いられ、告発されることはわずかです。しかし、こうした行為は、新たに
生み出されたものでも、時間ととともに消えゆくものでもありません。

1990年代初め、ボスニア・ヘルツェゴビナでは、2万人から5万人の女の子がレイプされたと
推計されています。また、1994年、ルワンダで起きた大虐殺では、25万人から50万人の女性
がレイプの被害にあったとみられています。紛争後のリベリアでは、15歳未満でレイプの
被害にあった子どもは65%、何らかの性暴力にあった子どもは87%にものぼるとされて
います。

紛争下の国々では、最も性暴力の被害にあいやすいのは子どもたちです。毎年、少女
1億5,000万人以上、少年7,300万人以上が性暴力を受けています。この残虐な連鎖を断ち
切るには、世界はともに立ち上がらねばなりません。


ユニセフは、紛争下にあったコンゴ民主共和国とソマリアで性暴力の被害にあった子ども
たちへの取り組みを行いました。両国とも被害にあった子どもの割合は、驚愕するもの
でした。コンゴ民主共和国で、パートナー団体とともに行った調査では、毎年1万2,000人
から2万人が性暴力にあっており、その30~50%が子どもで、大部分が少女であることが
明らかになりました。ソマリアでは、2013年に起きたレイプの34%の被害者は、12歳以下
の子どもたちでした。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング