1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

熱可塑性プラスチック市場ータイプ別、エンドユーザー別および地域別ー世界の業界分析、トレンド、市場規模、および予測2026年

PR TIMES / 2021年4月14日 8時45分

SDKI Inc.が「熱可塑性プラスチック市場ー世界の業界分析、トレンド、市場規模、および予測2026年」の新調査レポートを2021年04月13日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2020ー2026年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-104757



[画像: https://prtimes.jp/i/72515/250/resize/d72515-250-479702-0.jpg ]

世界の熱可塑性プラスチック市場は、2020ー2026年の予測期間中に5.8%のCAGRで成長すると予想されます。

以下の要因は、市場の成長に貢献する可能性があります:


軽量の自動車部品に対する需要の高まり
急速に成長している消費財および電子産業
厳格な炭素排出規制

市場セグメント
熱可塑性プラスチック市場は、タイプ別、エンドユーザー別および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

市場の詳細なセグメントとサブセグメントは、以下のとおりです:

タイプ別


ポリエチレン
ポリプロピレン
ポリスチレン
ポリ塩化ビニル
テフロン
アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)
その他

エンドユーザー別


自動車
農業
建設
消費財
電気・電子機器
パッケージング
医薬品
その他

地域概要
熱可塑性プラスチック市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋地域は、インドや中国などのアジア諸国が多くの多国籍企業の主要な製造ハブであるため、世界の熱可塑性プラスチック市場で最大のシェアを保持すると予想されます。この地域の成長は、天然資源のより良い利用可能性、安価な労働力、およびさまざまな企業がこれらの国に生産工場を設立することを奨励するための政府の支援に起

因すると推定されます。熱可塑性プラスチックは原料の一つであり、生産工場の拡大により中国やインドなどで需要が高まっています。

市場の主要なキープレーヤー
熱可塑性プラスチック市場の主要なキープレーヤーには、The 3M Company、Arkema S.A.、BASF SE、Covestro AG、DuPont de Nemours, Inc.、Evonik Industries AG、SABIC、Solvay S.A.、LG Chem Ltd.、Mitsubishi Engineering-Plastics Corporationなどがあります。この調査には、熱可塑性プラスチック市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/thermoplastics-market/104757

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。

SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング