月収が最も低い雇用形態は、「アルバイト・パート」。―「[en]チャレンジ!はた☆らく」ユーザーアンケート集計結果―

PR TIMES / 2013年8月27日 10時34分

 人材総合サービス企業のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、アルバイト、派遣、正社員の求人情報をまとめて探せる求人サイト「[en]チャレンジ!はた☆らく」( http://hb.en-japan.com/ )上でサイト利用者2000名を対象に、「月収」についてアンケート調査を行いましたので、以下概要をご報告します。



【調査結果概要】
1:月収が最も低い雇用形態は、「アルバイト・パート」

  5万円未満が27%、5万円~10万円未満が41%。

 雇用形態別に月収をみると、低い順に「アルバイト・パート」、「派遣社員」、「契約社員」、「正社員」となりました。ただ、これは単純に「月収」についてのみ聞いたもので、勤務時間や日数といった条件は同じではありません。


2:月収に対する満足度が最も低い雇用形態は「正社員」。 一方、月収に対する満足度が最も高い雇用形態は「派遣社員」 。

 全体の月収に対する満足度は「とても満足」「満足」「やや満足」を合わせて34%となり、満足している方が半数を下回る結果となりました。
 雇用形態別での満足度は、「派遣社員」が42%、「契約社員」が36%、「アルバイト・パート」が34%、「正社員」が31%となり、満足度は「正社員」が最も低いことが分かりました。


3: 月収に対する不満の理由、正社員は「生活が苦しいから」。  非正規社員は「賞与がないから」。

 月収に対する不満の理由について、「正社員」では「生活が苦しいから」(56%)、「賞与がないから」(51%)という回答が上位となりました。今や非正規雇用の代名詞となった「派遣社員」の方の回答をみると、最も多い理由は「手当がないから」(58%)、次いで「賞与がない」(48%)となっており、「生活が苦しいから」という理由は38%にとどまっています。
 正社員の方は生活がかかった仕事をしているのに対し、派遣社員の方は世帯収入を背負っている状態ではないことが考えられます。


4:月収に満足している理由、正社員は「生活に困らないから」。 非正規社員は「仕事内容と給与が見合っているから」。

月収に満足している理由について、「正社員」の方が最も多く挙げた回答は「生活に困らないから」でした 。
一方、「契約社員」、「派遣社員」、「アルバイト・パート」のいわゆる非正規雇用の雇用形態では、「仕事内容と給与が見合っていると思うから」という理由が最多となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング