【プレスリリース】「髄膜炎ベルト地帯」のギニア 本年539件の感染疑い、52名死亡 髄膜炎流行中、予防接種キャンペーン終了

PR TIMES / 2014年6月17日 11時30分

 



※本信は ユニセフ本部からの情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_73860.html でご覧いただけます


【2014年6月16日 コナクリ(ギニア)発】

この週末、ギニア政府とWHO(世界保健機関)、ユニセフはギニア東部で実施していた
髄膜炎予防接種キャンペーンを終了しました。同地域では、髄膜炎が流行しており、今年
初めから少なくとも52名が死亡しています。

予防接種キャンペーンは、感染が確認されている東南部のマンディアナ(Mandjana)県と
シギリ(Siguiri)県で1~29歳の住民を対象に行われ、人口の94%、約115万3,000人が予防接種
を受けました。現地のチームは、地元ラジオを通じての広報活動のほか、村で住民を集め、
子どもへの髄膜炎の危険性を説明し、予防接種実施場所の情報提供などの直接的な働きかけ
も行いました。加えて、ワクチンを一定温度に保冷し、保管するコールドチェーンも強化
されました。

ユニセフ・ギニア事務所代表のモハメド・アヨヤは「エボラ出血熱に加え、ギニアは多くの
保健危機に直面しています。はしか、マラリア、栄養不良に加えて、髄膜炎が発生して
います。こうした困難にもかかわらず、6月16日のアフリカ子どもの日に、髄膜炎の予防接種
キャンペーンの終了を報告でき、死に至ることもあるこの病気から子どもたちを守れること
をうれしく思います」と述べました。

ギニアは、西はセネガルから東はエチオピアに及ぶ「髄膜炎ベルト地帯(Meningitis Belt)」
に位置しています。この地帯では、過去15年間70万人が髄膜炎に感染したとみられ、致死率
は10%以上に上ります。髄膜炎は、季節性の感染症で、乾季のほうが発生しやすい傾向に
あります。

2005年から2010年にかけて、ギニアでは東南部のローラ(Lola)県、ゼレコレ(N’Zerekore)
県、中部のトゥゲ(Tougue)県、ラベ(Labe)県、中南部のファラナ(Faranah)県で、
831件の感染が疑われ、139名が死亡、致死率は16.7%に上りました。2013年初めには、85件の
感染が疑われ、13名が死亡(致死率15.3%)、2014年初めからは539件の感染が疑われ、
52名が死亡(致死率9.6%)しています。


■参考情報:髄膜炎について(日本ユニセフ協会追記)
厚生労働省検疫所 FORTH
http://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name60.html)より転載

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング