約9割の主婦が、商品に意見&アイデアあり!いま“モノ言う主婦”の商品開発が注目される理由!

PR TIMES / 2012年8月3日 9時21分



約9割の主婦が、商品に意見&アイデアあり!
いま“モノ言う主婦”の商品開発が注目される理由!
---------------------

 ここ数年、主婦と一緒に商品開発をしたり、主婦の声を活かしたプロモーションを行う企業が増えてきています。実際に9割以上の主婦が、「主婦の声を開発に活かした」というキャッチコピーに魅力を感じるという調査結果も出ています。株式会社ベネッセコーポレーションが発行する生活情報誌『サンキュ!』でも、読者主婦と企業で商品開発した商品が、予想以上のヒットとなった経験があります。『ハウス食品』〈カレー鍋つゆ〉では、子供を育てる主婦1,007人の「カレー鍋開発隊」を結成し、商品を開発。数々の食品関係の賞を受賞するなど異例のヒット商品になりました。またベーグル専門店『ベーグル&ベーグル』では、商品だけでなくパッケージも共同で開発。コラボベーグル〈フランボワーズホワイトチョコベーグル〉は、通常の期間限定商品の約2倍の売上となりました。そしてこの8月にはシュークリーム専門店『ビアードパパ』とコラボシュークリーム〈カルピス(R)シュー つぶつぶ夏みかん〉を発売しました。
 このときの商品開発の経験とアンケートから、『サンキュ!』では主婦と企業がコラボレーションする商品開発(コラボ商品)が注目される理由について、独自の分析を行いました。


■“モノ言う主婦”が増加! 約9割の主婦が商品に意見や新しいアイデアあり!
 アンケート調査によると、今の商品に「こうしたらいいのに」という意見のある主婦はなんと約9割も。意見を言いたいことがある商品は、毎日使う食品や日用品などに多く、家事などに密着した自分たちだから良いアイデアが出せる、という主婦としての経験も後押ししているようです。さらに、4割の主婦が実際に企業の商品に意見をしたり、モニター経験をするなど、積極的に行動していることがわかりました。急速に発展してきたインターネット環境により、消費者が意見を発信したり、企業が情報を収集しやすくなるなど、企業と消費者の距離も縮まってきていることもコラボ商品が増えている理由のひとつといえます。

■企業が注目!“モノ言う主婦”と商品開発するメリットとは?
 『サンキュ!』読者主婦と商品開発した企業によると、主婦との商品開発をすることでメリットがあることがわかりました。主婦は雑誌やネットを通して豊富な情報量を持っており、さらにブログやSNSでの発信に慣れていることで考えが整理されているため、商品のニーズに合わせたアイデアが得やすいとのこと。
 また、主婦の声を商品開発に活かすだけでなく、主婦とのコラボ企画であることの魅力付けや、ブログやSNSでの発信力を活かした告知や宣伝効果も期待されています。特に、『サンキュ!』の読者ブロガーはそれぞれ料理やファッション、インテリアなどの得意分野を持ち、各ジャンルでの情報発信力が強く、口コミによる影響力が強いのも、『サンキュ!』読者主婦との商品開発の魅力になっているとのことです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング