トランスコスモス、常駐型「Oracle RightNow 運用支援サービス」を提供開始

PR TIMES / 2013年10月16日 11時37分

~顧客の自己解決を促し、カスタマーエクスペリエンスの向上とコスト削減を同時に実現~



トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)は、日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:デレク・エイチ・ウィリアムズ、以下、日本オラクル)と協業し、日本オラクルのクラウド型アプリケーション「Oracle RightNow Cloud Service」(以下、Oracle RightNow)の販売と、販売後の導入、運用支援を行う「Oracle RightNow 運用支援サービス」の提供を、本日より開始します。

「Oracle RightNow」は、さまざまなデバイスやチャネルを通じて、多様な顧客サポートに必要な機能を提供するクラウド型のアプリケーション製品です。顧客からの問い合わせを一元的に蓄積、管理し、そのナレッジを Web サイト、コールセンター、ソーシャルメディアに提供することで顧客の自己解決率を高め、顧客経験価値の向上とお客様企業のコスト削減を同時に実現します。

トランスコスモスは、コールセンター、ナレッジマネジメント、ソーシャルメディアなどの運用サービスの実績を活かし、「Oracle RightNow」を導入した お客様企業に向けて、「Oracle RightNow」の運用支援をお客様企業に常駐する「オンサイトサービス」として、提供します。提供開始にあたり、トランスコスモス内にナレッジマネジメントの専門チームである「Oracle RightNow ラボチーム」を新設しました。 FAQ コンテンツの制作経験豊富なメンバーに「Oracle RightNow」のトレーニングを実施し、専門のクリエイターとして育成します。ここで育成したメンバーがお客様企業内に常駐し、「Oracle RightNow」の機能を最大限に活かすチューニングをはじめ、一問一答型コンテンツや、トラブルシューティングコンテンツの制作、ソーシャルメディアのモニタリングまで、サポートコストの削減と顧客サポートにおける、カスタマーエクスペリエンスの最大化を支援します。

■常駐型「Oracle RightNow 運用支援サービス」サービスメニュー
1.FAQ 分析サービス
分析を専門に行っているクリエイターが、お客様企業の問い合わせ傾向と、既存 FAQ コンテンツの相関性を分析。コンテンツの改善案と「Oracle RightNow」の機能を活かした設定方法までサポートします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング