天然ガスおよびLNG事業等を通じた協力関係の構築に関する覚書をインドガス公社と締結

PR TIMES / 2014年7月28日 11時16分

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村邦晴、以下「住友商事」)は、インド共和国のガス公社であるGAIL (India) Limited社(本社:ニューデリー、代表: B.C.Tripathi、以下「ゲイル社」)との間で、天然ガスおよび液化天然ガス(以下「LNG」)事業等を通じたグローバルな協力関係の構築を目的に、覚書を締結しました。

住友商事は、米国メリーランド州コーブポイントにおけるLNG輸出プロジェクト(コーブポイントLNGプロジェクト)(注1)にて、天然ガスの液化加工委託およびLNGの販売を計画しています。同プロジェクトにはゲイル社も参画しており、液化加工されたLNGは、住友商事とゲイル社が、半量ずつそれぞれの事業会社を通じて引き取ります(注2)。

住友商事とゲイル社は、同プロジェクトを契機に、米国における天然ガスおよびLNGのバリューチェーン構築や、広範な地域や分野におけるビジネス展開においても協業するべく、具体的な検討を進めます。

住友商事は、天然ガスおよびLNG事業を通じて日本及びアジアにおけるエネルギー安定供給に貢献するべく、様々な可能性を検討します。

(注1)事業主体であるドミニオンコーブポイントLNG社に天然ガスを持ちこみ、製造されたLNGを引き取り輸出するプロジェクト。

(注2)住友商事は、ST Cove Point LLC社(住友商事51パーセント、東京ガス(株)49パーセント)を通じてLNGの引取りを行う。

■ゲイル社概要
会社名 :GAIL (India) Limited.
所在地 :インド ニューデリー
代表者 :B.C Tripathi
事業内容:天然ガス及びLNGの調達、都市ガス配給、化学品事業など
設立時期:1984年
株主構成:インド大統領56.11パーセント、インド生命保険公社7.56パーセント他

URL: http://www.sumitomocorp.co.jp/news/detail/id=27959?prt

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング