1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

お客様のニーズ変化を背景にストアコンセプトを刷新、ローソンストア100は『献立応援コンビニへ。』

PR TIMES / 2021年7月7日 11時45分

内食需要に応え、より日常使いできるお店に変わります

株式会社ローソンストア100(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤 隆史)が運営する「ローソンストア100」(674店舗 / 2021年5月末現在)は、社会変化を背景に内食需要が増加したことを受け、 2021年7月7日(水)より新ストアコンセプト「献立応援コンビニへ。」を掲げ、お客様の毎日の食卓を応援する旬な提案を強化します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/25635/255/resize/d25635-255-514d2919d0bea33c2283-0.jpg ]

■ ストアコンセプト刷新の背景
ローソンストア100は、2008年より「スーパーの品揃え、コンビニの利便性、100円均一の分かりやすさ」の3つの業態のいいとこ取り、というコンセプトで展開してきました。
生鮮食品から日用雑貨までを100円(本体価格)で取り揃えていることが特徴的な業態でしたが、少子高齢化を背景とした小商圏での日常使いニーズに対応するため、2019年より、毎日の食卓に必要な食品の品揃えの強化に取り組んでまいりました。
その過程で「100円(本体価格)」では品揃えできない商品や規格についても、お客様からのご要望にお応えする形で徐々に取り入れてまいりました。

2020年には新型コロナウイルスの世界的な流行により内食の需要が一気に高まる中、ローソンストア100の利用のされ方も大きく変化し「ファミリーサイズ」「買いだめ」「大容量」などの商品が求められるようになりました。
また、外出をなるべく控えたい・買い物を短時間で済ませたいという意識から、小型店舗であるローソンストア100で毎日の食卓のための買い物をまとめてするというお客様が、特に主婦層・シニア層において増加傾向にあります。

生活の変化により家族との時間が増えたという喜びの声がある一方、食事の用意の負担が増えた・特に「献立を考える」ことが大変、という声も聞こえてきます。
そこでローソンストア100は、新しいストアコンセプトを掲げ、お客様の新たなニーズにお応えしてまいります。


■ 新しい売り場で献立応援!
新しいコンセプトは「献立応援コンビニへ。」
そのために店頭では、日々の献立に役立つ商品を「献立応援商品」として、料理への活用方法を記載したPOPでご提案します。単品の紹介に留まらず、商品の組み合わせでできる献立も提案してまいります。

また、店内放送でも便利な「献立応援商品」を紹介。
「今晩のおかずは何にしようかしら?」と悩みながらお買い物をされているお客様の耳にも、献立のヒントをお届けします。
そのほか、各店舗ごとに従業員が献立のアイデアやレシピを提案し、お買い物がしやすいよう陳列も工夫していきます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/25635/255/resize/d25635-255-1ada0b98237c0a1cfd98-3.jpg ]



■ コンセプトロゴに込めた想い
献立と向き合うすべての人々に、応援を届けるコンビニになる。その決意を、フラッグの形のロゴで宣言。
手描きの線が鮮度やライブ感、元気なエネルギーを感じさせるデザインに落とし込みました。
このデザインフォーマットをベースに、様々なタッチポイントでメッセージを出し分け、アイコンとして展開していきます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/25635/255/resize/d25635-255-fbf3d45bbc1205e9f0a2-4.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/25635/255/resize/d25635-255-6f2f2473555eec98aae3-5.jpg ]



■ 今後の商品展開に関して
2021年7月現在、ローソンストア100の平均的な店舗での取り扱い商品数は約4,500種類、そのうち100円の商品は約6割です。
100円にこだわる業態であったからこそ、驚きの100円商品を数多く開発してきた歴史があり、それらの商品はローソンストア100の大きな魅力のひとつとなっています。
その代表的な商品である「100円おせち」や「100円おでん」をはじめ、冷凍食品、カット野菜などの「100円シリーズ」は今後も展開し、「小分け・使い切り」といったニーズにもしっかりと応えていきます。

一方で、これまで「100円ではないから」という理由で品揃えをしていなかった、ファミリーサイズや人気ブランドの食品等についても、積極的に取り入れていきます。

また、毎日の献立の軸となる「生鮮食品」、特に青果はより一層強化をしてまいります。毎週火曜日・金曜日には「新鮮青果市」を開催し、「旬」にこだわった青果の品揃えでお客様の食卓を応援します。


■ SNSやホームページでも献立応援の情報を発信!
ローソンストア100の公式SNSでは、献立応援商品の紹介や新商品情報、フェアやキャンペーン情報、時短・簡単レシピの紹介などを随時発信していきます。
また、公式ホームページには「献立応援100」というサイトを7月7日(水)に立ち上げます。
お客様の献立応援に繋がることを一生懸命考えながら、ひとつひとつ情報を発信していき、最終的には100個の応援をお届けすることを目標に、サイト名を「献立応援100」としました。

■公式Twitter
https://twitter.com/lawsonstore_100

■公式Instagram
https://www.instagram.com/lawsonstore_100

■公式Facebook
https://www.facebook.com/lawsonstore100

■献立応援100
https://store100.lawson.co.jp/kondateouen100/


ローソンストア100は、献立応援コンビニへ。お客様の毎日に寄り添い、日々の献立を全力で応援してまいります。これからのローソンストア100にどうぞご期待ください。


[画像5: https://prtimes.jp/i/25635/255/resize/d25635-255-3d3a3bae77faa1a6cc32-6.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング