【阪急バス】通勤定期券・通学定期券をICカード「hanica(ハニカ)」で発売します ~通勤・通学区間以外でも定期券のご利用が可能に ~

PR TIMES / 2014年5月23日 11時22分

阪急バス(本社:豊中市庄内西町、社長:寺田信彦)は、本年6月17日より通勤定期券・通学定期券をICカード「hanica(ハニカ)」で発売いたします。



阪急バス → http://bus.hankyu.co.jp/

これまでは定期券面の表示区間内のみをご利用いただけましたが、お客様のお申込の区間の普通運賃以下の区間であれば当社バス全線(一部路線を除く※1)でご利用いただけるようになり、通勤・通学以外でも京阪神に広がる当社のバス路線をご利用いただくことが可能となります。
また、従来定期券は月極式で期間を限定して発売しておりましたが、日極式に変更しいつでもお買い求めいただけるようになります。さらには紛失時の再発行も可能となり、より便利に安心してお使いいただけます。

1.発売・利用開始日
2014年6月17日(火)

2.「hanica」で発売する券種
通勤定期券(1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月)
通学定期券(1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月)
通学学期定期券「阪急スクールパス(以下、SP)」(1学期、2学期、2学期プラス、3学期、学年)

3.ご利用可能範囲
当社バス一般路線全線のうち、券面に記載された普通運賃以下となる区間(一部路線を除く※1)。
〔従来: 券面に記載された区間(例:鴬台-川西バスターミナル)〕

なお、阪神バスおよび阪急田園バスにおいては、「hanica」プリペイド券としてご利用いただけます。

4.通用開始日の変更
通勤定期券、通学定期券については、従来月極式(月初日から通用)でしたが日極式(任意の日から通用)に変更し、いつからでもご利用を開始いただけるようになります(SPは、従来より通用開始日固定)。
また、従来月末月初に定期券発売期間を設けておりましたが、いつでもお買い求めいただけるようになります(一部例外あり)。なお、新規定期券の場合、従来通用開始日の7日前からご購入いただけましたが継続定期券と同じく14日前に変更いたします。

5.定期券紛失時の再発行
紛失時の再発行は可能です。
なお、手数料520円と再発行カードの預り金500円、合計1,020円が必要です。

6.定期運賃額
従来の定期券と同一です。
ただし、初回購入時のみ預り金(デポジット)500円が必要です。預り金は、「hanica」をご返却いただいた場合、返金します。「hanica」を既にお持ちの場合は、預り金は不要です。

7.「hanica」での発売を行わない定期券について
鉄道との連絡定期券、大阪市・神戸市・伊丹市・尼崎市・京都市と運賃を同調している定期券や一部路線専用定期券等については、紙・磁気券で引き続き発売します。利用可能範囲についても、券面表示区間のみとなります。また、紛失時の再発行はできません。

8.お問合せ先
自動車事業部 営業推進課 TEL:06-6866-3172(平日8:45~17:45)

※1 高速バス、有馬急行線、深夜急行バス、コミュニティバス、催事輸送等

阪急バス http://bus.hankyu.co.jp/

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング